着れるけど着て行けない… とチチのルームランナー

葉山行きの荷物をまとめてしまおーと思ったのだけど、いい天気だったので一気に衣替え。今月29日が、この区域の「古着回収」の日なので、やっぱ着ないかなぁ~と思えるモノや、不要な布だとか何だとかを処分することにした。まだ着れるモノはリサイクル(フリマ等)、ボロはボロで雑巾とかにするみたいなので、年2回のこの古着回収はすごく助かってる。捨てるには惜しいけど、誰かの役に立ってくれるなら惜しくないしね。

もーずーっと長いこと、20年以上着てなくて、でも捨てられなかい服がある。サンフランシスコで買ったヤツだから24年前?うわーっ!でも捨てられないのは、やっぱり気に入ってたのと、“捨てる前にも一度着てみたい”と思ったからだ。なので着てみた。(これまで着る勇気すらなかったのだ) 
ピーコックグリーン(あたしの好きな色だ)の、ミニワンピ、と言うのかジャンパーキュロットスカート(って死語な気がする…)とゆーのか、ともかくそゆ服で、形はサファリルックみたいな感じ。
着れた。びっくりした。あんまり体型が変わってないのか?と思ったり、でも着れたからってこれでどっかに行けるわけじゃないよなーと思ったり。ハハに見せたら『あら、いーじゃない。まだ着れるわよ』。う~ん…いいけどねぇ。でもやっぱりこれ着て街は歩けないやぁねぇ。さーてどーしたモンか。

Tシャツも何枚か処分することにした。ヨレヨレボロボロのTシャツほど愛着があるとゆーか、好きなんだけどねぇ。白地にせいぜいワンポイント、てのはそば屋の制服の下に着れるのでやっぱり捨てられないで、色モノを数枚。あたしってTシャツ何枚持ってるんだろ、と思って数えたら53枚あった。多いか少ないかわかんないけど。
以前「Tシャツを長持ちさせる方法」っての記事を読んだことがあって、それによると「1シーズンに1、2回しか着ないこと」なんだそーだ。1、2回ってことにはならないんだけど、ともかく実践するよーにはしてる。選ぶときに“この夏まだ着てないTシャツは…”と見て決めてるのだ。それでもこの夏着なかったな、と思うのはあるんだけどさ。

着ないくせに諦められないのもまだいくつかあって、でももーいーや、と次回に持ち越し。そろそろそば屋に行く仕度をせねば、と思ったところへチチが先日通販で買ったルームランナーが来た。驚いた。話は聞いてたけど、ありえないでかさだったのだ。どこに置くんだ、これ?!と叫びたくなるのを抑え、必死こいて梱包を解いたリョーシン(主にハハ)を労う。どーも車軸がひとつもげてる不良品だったようで、その電話をするのしないのと言い合ってたけど、それより場所だよなぁ。何たって幅1メートル近く、長さが2メートル、重量にして70キロとゆーでかさなのだ。いくら一軒家とはいえ、ンなスペースはない。どこに置いても邪魔。廊下では当然通行の妨げになるし、座敷に置けばオトート家族が来たときに寝るスペースがなくなるし、居間も然り。人がくつろぐ場所がなくなる。うっわー、いくら1万9800円たーいえ、これじゃあなぁ。チチがせっかく「やる気」になって買ったモンにイチャモンつけるのも悪いっつーか可哀想っつーかなんだけど、でもさてどーしたものか…ともかくそば屋に行かねばならんかったのでウチを出た。ハハが送りに出てきたので、『どこに置くのあれ』『どうしようもないわよねぇ…』とこそこそ。ったく、寸法くらい調べてから買って欲しいわ。

で、帰宅して真っ先に“どー決着したかな”と思ったら、返品したらしい。ほっ。やっぱそーだよね、ムリだって、あれを我が家に置くのは。チチも納得したみたいで、凹んだりメゲたり拗ねたりはしてなかった。これまたほっとした。あたしらが文句言うと逆上してムキになって押し通す、なんてことがままあるからさ。はぁ~、よかった。実はちょっと使ってみたかったんだけどね、ルームランナーってやつ。

明日、梱包発送できるかどーかだけど、月末必着には余裕なのでゴホウビ決定。映画を観に行くのさー。単館上映だけど、評判よいので楽しみ楽しみ。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-10-28 02:07 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156