100円くじ補充 と雪の助

がっつり寝て、まずは夏物帽子の洗濯と陰干し。この夏、全然被らなかった帽子が2つ3つ4つ…て状態からして既に「持ちすぎ」なんだけど、そこんとこは無視。スーツをクリーニングしたときにもらうビニール袋の底にダンボールを敷いてそこに入れ(半分くらい埋まる)、押入れにしまってひと息。やれやれふぅ。これでほんのちょびっと、部屋の片隅がキレイになった。冬物帽子と混在してる時期が一番ごちゃごちゃしてるんだよねぇ。

ついでにカバンとか夏物スカーフとかも洗って、落ち着いたのは午後になってから。クリスマスカードはもー作り飽きたので(っていずれはまた作るんだけどさ)、100円くじ用グッズの補充。まずは「何番がないか」のチェックから。三茶では今年もまた偏った番号が出て、最後にはなくなってしまったのだよなぁ。今年は3番だった。去年は4番だった気がするけど。1つの番号に2、3種類は入れておくのだけど、それが1種類しか残ってなかったりしてさ。立体モノだとサンプルみたいのとか、ずーっと売れ残ってるストラップ。平面だとポチ袋、しおり、シールが主なんだけど、このシールが結構人気。3枚で100円て高いんじゃね?と思うけどね、オトナでも嬉々としてもらってくね、ありがたいことに。

とゆーわけでシール制作から。今回は4枚。丸いちっこい色つきシールが大量にあるので、その中にちぎり貼り。以前、「ちぎり絵教室」をやったときに買ったものの、あたし的にはイマイチだった色シールだけど、中にちぎり貼ればいい感じだと気づいた。ハートとか星とか双葉とか、単純なのしか作ってないけどね。でもやっぱりちぎちぎは楽しい。さくさくっと10枚完成。
来年1月に「山椒は小粒展」て企画展に参加するのだけど、こゆシールを大量に作るのもいいかもしれない。500円玉用のポチ袋とかさ、いまからいろいろ考えるのも楽しい。どっちも以前やったことあるモノだから、も少し何か「初めて」っぽいのを、とも思うのだけどねぇ。やったことないアイテム(でちっこいヤツ)て何かなぁ。1センチ四方のタイルプッシュピンてのも昔やったしな。(確か「ちまちま展」だった)
とりあえずそんなこんなで、100円グッズを作り、革しおりとか、ちょっと補充が必要なモノをいくつか作って本日はおしまい。週末の厚木までちょっと余裕だ。嬉しい。

カンケイない話。
かつて愛用してたメールのポスペは、いまは使用してないのね。受信は出来るけど送信が出来ないとゆーテイタラクで、雪の助(ポストペットのペンギン)は健在だけど、あれこれ不具合が起きてるから1ヶ月に1度くらいしか開いていない。その間、受信されたメールの99.5~100%は迷惑メールかDMで、私信があるときはほっとんでない。ないけど、たまぁ~にある。(から油断できないのだ) で、おそらくはあたしの旧名刺のアドレスを見て書いたであろう、知人作家さんから「引越しのお知らせ」てのが9月末に入ってた。開けた。「さゆきさま」で文章が始まってて、以下白紙…何だ、これは?送り主はわかってるから、新アドレス(って言うほど新しくもないけどねぇ~)から、返信が遅くなったお詫びと言い訳と、「でもメール本文は白紙でした(笑)」と書いて送った。返事が来た。
『ボクの方の送信済みメールにはちゃんと文章が入ってましたから、どこかで食べられちゃったんですね(笑)』
とあった。誰に食べられたとゆーのだ!つか、メールは来たけど本文がない、なんて事態になるってことにびっくりだ。ふーむ。そゆこともあるのかぁ。ホントにイカレちゃったんだな、このメアドは。雪の助、元気なのに。毎度ゴハン(おやつ)がっついてるのに。いまでも甥や姪が来ると『雪の助は~?』といじり倒すのを楽しみにしてるので、まだこのままの状態で置いておくけどね。可哀想なのは、雪の助の(いまや唯一と言ってもいい)友人のおすましちゃんだ。淋しがってるんじゃないのかなぁ。雪の助はのほほんとしてっけど。

さーて、明日はそば屋で新人サンいらっしゃい。続いてくれることを切に切に願うわ。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-11-01 01:23 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156