実験に失敗はつきものだ!

てタイトルにすると、ただの開き直りとゆーか負け惜しみにしか思えんだろな。実際はそんな気分でもないのだけど。んー、何つーか、「やっぱり頭で考えてるだけじゃダメなんだな」と痛感したとゆーか、「こゆことってやってみなきゃわかんないモンなんだ」と思ったとゆーか。
まぁ、そいじゃ何をどーしたんだ、と突っ込みたいと思うのだけど、説明すんのももどかしいし正直メンドいので書きません、あしからず。書いてもいーんだけど(恥たー思ってないし)、無駄に長くなるしさ。(それでなくてさえ長いっつーのに) つまり、あるモノにちぎり貼ったらどーだ、て実験だったのでした。

とりあえず「キリのいーとこまで読もう」と思って、『ワンピース』のウォーターセブン編を読了。長かった…炎に包まれるゴーイング・メリー号に涙し、ルフィのじーちゃん登場と彼の家系に喝采し、残すところあと2冊。明日には読了しちまうか、名残惜しい。聞くところによると、現在60数巻のこのマンガ、「20巻~40巻あたりが売れてない」んだそーで、てことはこの総集編16冊のうちの10巻め前後あたり?と思うのだけど、間延びしてるとかつまんないとかってことではないのになぁ。不思議。ただ単に「いつ終わるともしれないマンガをこれ以上買うのは大変」てあたりで見切りを付けられたんではなかろーかね。何かそんな気がするよ。

てことはともかくとして。
読了後からせっせと「実験」してみて、こりゃアカンわ、と投げて、粘土に突入。もーちょっと粘ればよかったのかもしれないけど、これに固執してしまうと進行に差障りが生じる可能性大なので。アイディアとしては悪くない(と思ってた)けどねぇ。12月初旬には搬入なので、いまのうちに立体は攻めておかないとまずいっしょ。1ヶ月切っちまったわけだしさ。(あぁ、自分で書いてて切ない…泣ける)
その粘土の形もなかなか決まらないで試行錯誤四苦八苦。(あとでこの粘土に「ちぎり貼る」のだ) んが。いるとこにゃいるんだと思ったね、神サマって。粘土いじってるうちにはっと閃いたモノがあって、その形作ってみたらまたまた閃くモノがあって、粘土をこねこねしながら頭ン中で言葉をこねこねして、連中にこの言葉を入れた豆本を持たせるってことを思いついた。これでもし連中が次回展示会で売れなくても、来年の豆本展とかで(今度は豆本に付属するモノとして)売れるじゃん!あたしってばあこぎぃ~。でもそんな自分が大好きさぁ~。いーんだもーん、みなさんには「買わない権利」があるんだから。

粘土で作ってるのは「くりくり」ではなくて、形もいろいろ。ヘンなのばっか。トゲトゲしてたり丸かったり四角だったり。あー、そーいや昔、こんな連中をちょっとちぎり貼ってカード作ったよなー、あんまし売れなかったけど。確か名前は「へんちくりん」。この連中もその名前でいっか。似てるし。(つか、何作っても似るよな。創造力が乏しいから) 最初は何かしらの動物にする予定だったはずなんだけどねぇ。
とりあえず2ダース作った。こんなモンなのか、も少し作っておいた方がいいのか、ちと判断に苦しむ。スペース的にも迷うとこだし。四苦八苦したから「4×9」で36?「8×9」で72とか?足すと108か。て煩悩の数なんだ!すげぇ。奥深いぜ、日本語!て書いてもやんないからね、108コも!やったらアホだよ!アホだって自覚はあるけどやんない。たぶん。魔が刺すかもしんないけど。(この「魔がさす」の「さす」って刺す?指す?差す?)

あー、あすからそば屋4連勤かぁ~。しかも雨ぇ~?はーやだやだ。あんまり考えないことにしよっと。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-11-10 01:55 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156