陶芸の日 初日

無花果ジャムは甘すぎた…一般的には「フツーの甘さ」だと思うのだけど、ウチ的にはちょっとね。残念。学習したわ。

本日はかねてより計画してた「陶芸の日」。友人のイラストレーターのJKさんの母上が、いまは引退された陶芸のセンセで、『使っていない土があるからもったいない、窯も動かしたいからちょっと作ってみないか』というお誘いに、友人のOKさんと速攻挙手した次第。陶芸をやってるOKさんに比べ、あたしはズブの素人。てことをホントにホントに痛感した1日だった…むつかしー。でもそれ以上に「性格が出る」ものなんだと思った。センスだけでなく、丁寧さとか、根気とか。

まずは西荻でJKさん、OKさんと待ち合わせ。何とこの陶芸作品、西荻にある「赤レンガ」という喫茶店で展示即売するのだ!それも約1ヶ月の長期。(12/2日~30日まで。詳しくはまた改めて) 最初はかなり気軽なキモチで挑んだのだけど、“果たしてこんなモノを売りに出していいのか”とマジで思った。あたしが売る粘土作品も似たよーなモンだけどさ。陶芸って粘土とは違うわけで、やっぱりそれなりの手間と時間と燃料費だとか何とかがかかるわけで、そゆこと考えると「粘土みたいにふざけた気分でやってはいけないよなぁ」とか思ってしまうのだ。

JKさん、OKさんと母上の4人で、まずは「菊練り」から。それすら知らないあたしに対して、OKさんは母上の専門用語にも「打てば響く」よな感じで対応できて作れて、JKさんもそれなりにちゃんと丁寧に仕上げてて、結構凹んだ。何か、こねてるうちに何を作りたいんだかもわかんなくなってしまうんだもん。「無計画性行き当たりはったり」な性格がモロに出る作品たちとなってしまった…自分でもちょっとショックだ。も少しちゃんと出来ると思ってたのにー。

喫茶店の、あたしらがもらえるスペースというのが意外に広くて(幅は狭いから小物しか置けないのだけど、喫茶店半周分あるのだ)、てことは相当数作らないとダメだよねぇ~、と話してた。今日は12時~6時近くまでほとんどノンストップで作ってたのだけど、それでもやっと数個。の一輪挿し(のつもり)と湯のみ。う~ん…明日もまた一緒に作るのだけど、あのスペースを埋めるだけの数を作れるのかどうか怪しい…。
軽いキモチで始めたので『DMとか作らなくていいよね』と3人で言ってたのだけど、母上の『作るべきよ、私も友人たちに配る約束したし』のひとことに内心“ひょえぇ~”。DM作って人を呼ぶだけのシロモノが出来上がるとは思えないんだけどねぇ…まいったな。

昨夜はあれこれいろいろ考えてたら眠れなくなって、3時間ほどうとうとしただけだったので、いまモーレツに眠い…帰宅したのは7時で、夕飯後はずーっと、今度は粘土をこねこねしてた。これは渋谷モンベルの作品。「へんちくりんさんだーす」とは別モノで、がんばってるのだけど困ったことに「全然終わる気がしない」。やってもやっても納得いかないで、いまから出来上がりが恐ろしい。うわぁ、大丈夫かな、ホントに。あ、これ昨日も叫んだ気がするな。うぅ~。今週中に形にしとかないと、来週はそば屋5日入ってるんだよねぇ。泣けるわ。

今夜こそ「劇場版 銀魂 新訳紅桜編」を観るつもりだったのだけど、無理。つか、観たら明日起きれない、きっと。悔しい。えーい、明日こそは必ず!
[PR]
by yukimaru156 | 2011-11-15 00:43 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156