「UN-GO」 と輪ゴム とホッチキス

昨日、「寝るぞ!」と書いてからアイス食べつつ『UN-GO』を見てしまった…ウンゴじゃないよ、アンゴ、坂口安吾だよん。いま深夜枠のアニメで坂口安吾の『明治開花 安吾捕物帖』をベースにしたのをやってるのね。、本は未読だけど相当現代風にアレンジしてると思う。設定は「戦後」で、そこかしこに焼け跡や傷跡を見ることが出来るけど、いろいろハイテクだし、財閥が健在な一方で政治経済はまさしく現代。「2000年代の戦後」みたいな感じかな。各話で事件は解決されるけど謎は多い。相棒の「因果」との関係とかさ。う~ん、やっぱ見るか、映画。(因果との関係とかがわかるのだ) 2日までだけど。レイトショーで1時間。行って帰って2時間足らず。そのくらいは許される。いや許そう。でないともーやってられん!

たっぷり7時間寝て、まずは「さんだーす&わんだーす」の補整から。ハハが来て『目を入れたらよくなったじゃない』と言われた。そっか、よかったー。ちょびっとだけほっとした。自分じゃもーよくわかんないんだもん。
補整を済ませて、さんだーすたちの持つ豆本の表紙と紐。この紐をね、輪ゴムにしよーと思ってたのね。綴じた本にはさんでまた綴じて、さんだーすたちに引っ掛ける。ラクだしどんな形してる奴でも対応できるし。何よりこの「安っぽさ」がいいじゃん。
でもはたと思ったのよ。輪ゴムって劣化が早いよなぁ、と。せっかく買って飾ってもらっても輪ゴムが劣化したら台無し。なのでどーしよーかと思って、結局フラワーアレンジ用の細いワイヤーでやることにした。まぁまぁ上手くいった。36体分作るのはしんどかったけど。にしても、スーパーや惣菜屋でちょっとづつ集めてたこの大量の緑と赤の輪ゴム、どーしようか…何か「ちょっと拝借する」より「ちょっと返却する」方が恥ずかしいとゆーか後ろめたいのは何でだろか。「拝借」ではさほど感じなかった罪悪感がひしひしと…『返すの?何で?』とハハ。いやさ、あってもしょーがないし、輪ゴム36本。いちお未使用だしね。でも返却の必要なし?それもちょっと申し訳ないような…あぁ、何なんだ、この罪悪感は!きっとアレだな、「せっかく頂戴したのに有効活用できなかった」ことに対する罪悪感なんだな。

ワイヤーをはさんでホッチキスを留めてたら、あと数冊とゆーとこでいきなり詰まった。芯を入れる部分が開かないのでしばし四苦八苦。ホッチキスってさ、単純な作りのよーでいて結構フクザツとゆーか、システマチックだよね。バネがあって針があって、何つーか「単純そーだけど組み立てられない」。分解の文字が頭に浮かんだけど、芯を出し入れする場所が開かない以上、どこをいじっても分解できないきことに気づいた…ちょっと困った。いやさ、別のホッチキスがないわけじゃないのよ。でもひと昔前のホチキスって(いまはもーないかもね)留めた紙の後ろはちょっとぽっこりするじゃない。針が浮いてるみたいな。それがない(平らになる)ホッチキスはいま持ってるこれだけで、豆本だからやっぱりこれを使いたいところ。う~ん。「分解」の2字の次は「修理」の2字が浮かんだけど、ホッチキスの修理ってもなぁ…文房具屋?できんのかな、そこで?と思いつつ、ペンチで格闘してたら開いた。よかった、助かった。ふう~。ごめんね、ホッチキス君。もー「もったいないから」って芯を3本だけとか入れたりしないよー気をつけるよ。

豆本に表紙(製本シール)を貼って、「R.3.11」の文字とちぎったハートを入れて完成。だけでやっぱり半日かかってしまった…あとはさんだーすの残り8体のちぎり貼り再び。あと2体。の色が決まらないのでPC前に来た。もーさ、何色が足りないのか、どの組み合わせがないのかがわかんないのよ。まだ「やっていない組み合わせの色」があるはずなんだけど。黒が弱冠足りないのはわかってるんだけど、これ使うと(色としてはいいのだけど)、下の文字が全然透けないのと、貼り付けたところが「海苔が貼ってあるみたい」になるのがどーもね…とハハに言ったら『本当だ!』と大笑いされてしまった。ん~む。ま、ともかくこの2体を完成させて今日はおしまいにする。とりあえず「今日のノルマ」は達成ってことで。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-11-28 01:25 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156