お墓参り とプチマグネ完成 とイヴイヴケーキ

ハハに付き合って、朝から墓参りに出かけた。ハハは新宿生まれで、実家のお墓は青山にある。昔はホントに鬱蒼としてて、夜中に来たらさぞかしこえぇーだろーなーと思われたこの(超メジャーな?)墓地も、年々整備されてキレイになった。昔は卒塔婆とかが倒れそうな荒れたお墓もいっぱいあったけどねぇ。

どのくらいぶりかわからないお墓参りで、まずはキレイにお掃除。でかい墓石の後ろにはご先祖さまの名前が入ってるのだけど、ハハのじーちゃんのじーちゃんのとーさんくらいまで遡ることになる。初代の奥方の時世の句まで書かれてあるのだけど、長い年月で摩滅して、さらに崩し字なので何が書いてあるのかさーっぱりわからない。かろうじで読めるのが最後の「桐一葉」のみ。一茶の句にあったと思うんだけど、どんなんだったか思い出せないや。
あとで写真を撮ったのだけど、この裏面を撮るのを忘れてしまった。ちっ。失敗した。撮影したのにはワケがある。この墓地を売るという話が出てるのだ。ハハの兄のところには娘しかいなくて、つまり彼のところで「家」は途絶えてしまう。ハハたちがとやかく言える問題ではないので(ここらへんの親戚付き合いってのもまた難しい)、仕方がないことなんだけどねぇ…なくなる前にもう一度行けるといいんだけどな。
ともかくそんなわけで、ハハは少量の土を掘り起こし、自宅に持ち帰った。ウチの狭い庭には「田の神さま」と呼ばれる石造があるので、その前のところを深く掘って埋めたそうだ。ご先祖供養と呼ぶにはあまりにもささやかだけど、何もしないよりはいいと思う。ハハもほっとしたようだ。よかった。

昼食後、買い物をあれこれ済ませて帰宅し、それからせっせとちぎりまくって「1×1センチのマグネット、プッシュピン」40粒を作り、でこぱっちしていちお防水ニスも塗って、台紙作ってOPPに入れて完成。ふぅ~。
マグネットはOPPに入れると「くっつきあってしまう」のが難点で、台紙に穴を開けてマグネット部分だけ差し込んだりしてたのだけど、もっといい方法を思いついた。両面テープの細いやつで台紙とくっつけるのだ。これやったら何の問題もなくOPPに入れることが出来て、なーんでこんな単純なことをいままで気づかなかったんだろ、と思ってしまった。
それらを片付けて、プチポチ袋。5枚1組にして、それぞれに「くりくり」を入れる。こちらも完成させる予定だったけど、電池切れ、もとい忍耐切れでタイムアウト。いや何か集中しすぎて疲れちまったんよ。今日のうちに完成できたらあとラクだったんだけどなぁ。賀状印刷とか頼まれてるし、自分のも作らねばだし、ウチのこともいくつかしなきゃならんのだし。さーて、ホントにそれら全てを滞りなくできるものかねぇ。しなきゃだけど。

24日のイヴはあたしはそば屋なので、今日のイヴイヴにリョーシンと3人でケーキを食べた。近所の美味しいケーキ屋で(でも誕生日に買ったとことは別)、ホールタイプではなくオーソドックスなフツーのケーキ。ま、気分だからね、これは。そーそ、夕飯はローストチキンとベランダ野菜のサラダ。そんで苺。そして夜にケーキで「クリスマス」を満喫した。
明日は土曜だから、そば屋ではゴハンが食べれる。ので、カレーにして天ぷら用のエビを素揚げしてぶちこむことにした。(カレーそば用のカレーって具がないんだぜぃ。詐欺じゃないかと思うよな。カレーそのものはそれなりに辛くて美味しいのだけど) 
出かけるまでの数時間で全部完成できるといいなぁ。なるなら賀正のデザインまでできるともっといいんだけど。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-12-24 02:18 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156