初の障子張り と賀状印刷で「きぃ~!」

うわぁぁぁぁ~ん!いまメッチャ頭痛い~!PCプリンタいじくって数時間も経過してっからだー。キライだ、スキャナー&プリンター!!!お前らのコンビは最低だ!アホなことやったり言ったりしてんじゃねーよ、くたばっちまえー!あぁ、クリスマスなのにぃぃぃぃ~!

と、のっけから失礼。そゆ気分なので、いま。クリスマス気分はもーなくて、本日はまず「障子張り」から。初体験す。ちぎり屋として「貼る」ってのはまー慣れてるわけだけど、障子張りたー別モンしょ。なのでちょっとどきどき。まずは甥のYGが穴開けてくれた1枚から。びりびり破いて、枠のとこ残る障子紙を雑巾で拭き取り、ちょっと乾かしてから糊を刷毛で塗り、そして慎重に紙を貼ってく。ウチの障子はいわゆる「雪見」なのね。2段構えになってて、下の障子を上へスライドさせて外を眺めることができる。(雪を見るためだけど、それでなくても陽射しが強いときとかはこの「雪見」は素晴らしくいいのだ。まぶしくなくて、でも屋外の天気も楽しめる) 
ともかくそゆ仕組みになってるので、外してから上下2枚に障子張り。まぁ、悪くない感じにはできたと思う。続いて2枚、3枚とやるつもりでいたら、障子紙があとちょっとで足らず、結局できたのは1枚だけ。なーんだ、この勢いで全部張り替えるつもりだったのに。

で、リョーシンが有馬記念にうつつを抜かしてる間、賀状印刷することに決めた。「山椒は小粒展」の作品仕上げがまだ残ってるけど、ヤなことはさっさと終わらせてしまおーと思って。まだかとかいつだとか言われる前にね。
2人の賀状は文字だけなので意外にすんなりできて(印刷面を間違えたあたりは「お約束」。何せ年に1回しかやんないもんでねぇ。しかし「中止」してからも数枚印刷されて出てきたのには「きぃ~!」となるな)、夕飯までには無事120枚近くの印刷を完了。チチは毎年、数行くらいの文面を考えるのだけど、確か去年も「冥土の旅の一里塚」って作ったよなー、と思ってたらホントにそーだった。去年戻ってきた賀状に書いてあった…本人も気がついて、『でもいまの気分だからいいのだ』だってさ。いっけどね。

夕飯後、「山椒」作品の仕上げで思わぬ大ポカにげんなり。何とかごまかせる範囲だと思うけど、一気に片付けてしまうつもりが気力を失い、自分の賀状用に「たつのおとしご」をちぎる。これはとりあえず成功して、この勢いで印刷しちまえ、と思ったとこでコケた。
まず、スキャンすると絵が欠ける。何でか全然わかんない。去年はちゃんとできたと思うのにできない。ここで「きぃ~!」となり、理由はわかんないけどできたかな、と思えたところで今度は新規で作れず(もちろん理由はわからん)、しょーがないのでどーせ不要な今年の賀状の上に重ねた。で、印刷しよーとしてるんだけど、詰まってないし紙も充分あるにもかかわらず「紙詰まり、もしくは紙がない」の表示。詰まるも何もちゃんと給紙できてないじゃんかよ!あるだろ、紙!ここでまた今日何度めかの「きぃ~!」で、う~んざり、ぐーったり。あぁ、どーしよう。「山椒」の値札とか説明書きとか什器とか、まだまだやることあんのに…でもって明日はまたそば屋なのに。

障子張りはともかくとして(なるならあと3枚、障子紙を買ってきやりたいんだけど)、ガラス磨きとか部屋の掃除とかやりたいんだけど、“ところでいつ賀状を書くんだ?”と思ってしまった。29日深夜か30日には甥たちが来るので、もー何もできましぇーん状態になるのは必至だし。28日がそば屋オフなのが救いか。あぁ、とにもかくにも印刷できなきゃ始まらん!

みなさんはどんなクリスマスでしたか。あたしゃこーゆー「きぃ~!」な半日を過ごしてしまいました。あぁ、早くココロ穏やかになって年末を迎えたい…。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-12-26 01:47 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156