搬入 と赤レンガ と2人忘年会

東中野の「山椒は小粒展」の搬入は3時なので、その前にハハに付き合ってスーパーにお正月品の買出し。クリスマス後の1週間てのはまー何とも慌しいやねぇ。街全体がせわしない感じで加速度を増してくので、つられて焦る、みたいな。はーやだやだ。
あれもこれもそれも、て調子でともかくまずは「重たいモノ」。あたしら3人はビール飲まないけど、オトートらは飲むしさ。里芋だとかみかんだとかもち米だとか、えらい重量になり、加えて先月まで2000円近かったようなシクラメンの鉢が450円にまで値下がりしてたので(あたし的には「ちょっと可哀想」気分もあって)購入。いまの花が終わればおしまいだけど、球根を残しておけばまた来年の今頃も楽しめるしね。

そんでばたばたと賀状書きしてるうちに2時になり、荷物まとめて東中野へ。総武線が遅れてて到着はぎりぎり…危なかった。
東中野の「ビタミンTee」は初参加なので、どんなもんが売れて、どのくらいのスペースがもらえるかわからなかったのだけど、さすが「小粒展」で、みんなの作品が揃ってもまだ余裕がある。とにかくみんな「ちまい」のだ。人のこと言えないたー思うけど。早々に「初日の5日に追加納品」を約束して、ココロ密かに「小粒パンダ(米2つ分くらいの大きさ)を買おう」と決めて辞した。
この時点で3時40分。西荻窪の赤レンガでの「作陶展」にいまだ行けてないのが気がかりのひとつでもあったので、さっと見て横浜5時の待ち合わせギリギリに着けるかなと目算して向った。甘かった。またまた総武線が止まってしまい、赤レンガ到着は4時15分。15分で店内を拝見して(ぽつぽつ売れたのかなぁ、という程度だった…100円ボタンが12個のうち6個売れてたけど)、珈琲飲んで横浜に向う。

最初は「新宿・渋谷・横浜」の方が早いと思ってたけど、もしかしたら「吉祥寺・渋谷・横浜」の方が早いかも、と判断してそーした。どっちにしろ5時には当然間に合わないので連絡入れて(ホームに公衆電話がないのってホントにむかつく。電車時刻を確認してまた階段降りてまた駆け上がって、としないといけない)、特急に飛び乗れるはずがホームを間違えたために乗れず、結局約束時間を1時間オーバー…情けなくて泣けた。当初の約束は6時だったのだけど、彼女が『早出したので早退できる』と言うことで5時になったのに、それを丸々無駄にしたよーなもん。あー、ごめんねぇ、みちゃおぉ~!!!連絡入れられたことと、寒空で待たせただけでない分、ちびっと救われるけどさ。

で、かねてからの約束「2人忘年会」。お互いいろいろあったよねぇ~、愚痴とか悪態とか「毒吐き」しまくろーぜぃ、と言ってたのだけど、ともかく「会えた」ってことでひとつ懸念が消えてラクになれて、ストレスをぶつけ合うこともなく、穏やかにピザとパスタとデザートを楽しむ。来年はどーしたいかとかさ。何をしようかとか。旅行もいいけど、だったらどこ行きたい?みたいな。あたしも彼女もリョーシンと同居してて、自分たちがトシとる分、リョーシンも老いてるわけで
『この先、介護の時間が長くなりこそすれ短くなることはない』
ことを覚悟してる。(あたしにはまだ覚悟が足りないと思ってるけど) だから『できることは迷わずやっておかないと旅行でも何でも(先送りすればするだけ)できなくなる可能性が高い』なんて話になったりもした。そうなんだよねぇ、ほんと。わかってんだけど、「だからいまのうちに何したい」が特に思い浮かばなかったりもするなぁ。旅行は行きたいけど、具体的にどこへ誰と、となると意外になかったりもして。

彼女はよく映画を観るので(月2、3本は観てるよーだ)、来年もそれくらいかもしくは以上観たい、と言ってた。あたしはそれより溜まってる録画した映画を処理したい。もー溜まるばっかで全然観てないんだよねぇ。日中はチチがテレビを占領してるから、深夜に限られてしまう、てのも原因のひとつではあるけど。
「何かひとつ」を課さないことには、また今年のような「出展(店)とそば屋に追われる日々」で終わってしまう気がする。そこでふっと、「応募する」てのはどーかと思いついた。ちぎり絵作品か、昔書いてたよーな小説か、童話のよーなモノか、あるいはまったく別物の「何か」で、「一攫千金」を目指す、てのはどーだろか。ふむ。悪くないかもしれない。そゆことにしておこう。これまでも何度かチャンスはあったのに逃してきたし、いい目標な気がしてきた。何に応募するのか、まずはそれを探さないとね。
さーて、明日はガラス磨きだ!ぽかぽか陽気でありますように!
[PR]
by yukimaru156 | 2011-12-28 02:08 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156