「ひょんなところ」の「ひょん」てどこ?!

昨夜12時近くに帰宅する頃は、雨は降ってたけどそんなに寒くはなかったので、朝起きたら一面の雪でちょっとびっくりした。じゃんじゃか降ってたけど、積もらずに消えてしまう雪だったみたいね。あ~、雪かぁ~と思いながら布団にくるまる心地よさよ!ツトメ人の方々、早起き主婦の方々、ご苦労さまです、て気分。そば屋混んでるかなー、とか意地悪く微笑んでみたりもした。昨日の夜、これだけ作れば文句ねーだろ、と半ばヤケクソ気分で今朝の分の仕込みをしておいたから、ちゃんと間に合ったはずだしさ。(夜、忙しすぎて仕込みが充分でないと、早番の人たちがぎゃーぎゃーうるさいのだ。だったら夜の分を昼間に仕込んどいてくれよ、て話なんだけど)

この制作ペースはいいなぁ、としみじみ思ったりしながら、作品の仕上げに入る。週3日のそば屋、あとの4日で制作したり、ウチのことしたり、誰かと会ってみたり。て理想かも。その分、キューリョも少なくなるけども。展示会も立て続けてはないってのがいいのか。そば屋4日だと結構目まぐるしかったりするんだけど、展示が続いてなければそーでもないのかもしれないな。

音符をちぎる作業は、なかなか楽しかった。1枚ちぎり(1枚のチラシから音符の形を抜く)のはちょっと手間、とゆーかやりづらかったりするんだけど、2枚(丸をちぎっておいて、その下に棒と旗(?)を差し込む)は結構らくちん。なので、リングノート数冊もすぐ完成した。
ハートキーホも、最初は全面にデコパッチ用の薄紙を貼るつもりだったんだけど、でもこの木目(そう、木製なのだ)が消えてしまうのはちょっと惜しいかな、と思えたのでそのまんま活かすことにする。昔、クリスマスオーナメントとして買って、でもオーナメントとするにはちと重いかな、と思ってたのだけど、キーホルダーだといい感じだ。何個作ろうかなぁ、と思って、結局4個。10でも15でもいーんだけど、それはちょっと様子見て。(大量に残るのもヤだしさ) 好評だったら3月の「ざっかてん」にも出しますんで。

夕方、チチのために競馬新聞を買いに行った。雪は雨に変わってたのでチャリで行こうかなとも思ったんだけど、気晴らしも兼ねてコンピニまでてくてく歩いた。寒い日って、空気がちょっと緊張してる感じでキライじゃない。真夏だとダラけるけど、真冬って気が引き締まるとゆーかね。途中、雪の玉を握り締めて走る子供たちとすれ違った。よしよし走れーっ、とココロで声援を送った。

仕上げつつ、散乱してるチラシの片付けも始めたんだけど、なぜ出てこないのだ、豆本サンプル!!!どーこ行ったんだか、まったくもって見当もつかない…何でだろ、「ないないの神さま」だっけ、そいつの仕業?神隠しってモノにも適用されるんか?あ~、こんだけ片付けて出てこないのって正直滅入る。昨日までは“そのうちひょっこり出てくる”とタカくくってたんだけど。8冊しか作らなかった、てことはまず間違いなくない。だって表紙が1枚余ってんだもん。1枚の原画をコピーして製本してるから、表紙だけ残るってことはないのよ。う~、あとは「チラシ箱」の中かしらん…(ままあるのだ、そゆことが。納品書とか、紙モノは特に) 明日は絶対探し出さねば!よく「ひょんなところから出てくる」と言う言い回しをするけど、その「ひょん」てどこのこと?ひょーたんとか?ぬらりひょんが持ってたりして…んなわけないか。でもホント、どこなんだろ。誰か教えてください。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-01-21 01:33 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156