いろいろがっくしトホホ

いろいろがっくしなことが連続してヤになる…どっから書いていーのかわからん。むかつくぅ~。
あ、東中野の「山椒は小粒展」は無事終了しました。寒い中、ご来場のみなさまありがとうございました!ばんばん売れてた!てほどではなかったですが、2012年幕開けは赤字スタートとならずに済んだ模様です。感謝。

搬出は夕方5時からなので、まずは豆本サンプルの話から。作ったけど「出てこない!」のはもーしゃーないとゆーか、んじゃこれで行くしかないわな、と思ってたとこへとんでもないミスを発見した。何とページが1枚、入れ違ってるのだ!しかーも!ここで間違えちゃイミつーじないだろ、てところで、しかもしかも、きっちりキレイに貼り付けてカットし、表紙までつけたあとの発覚…あぁ、情けないーどーすんだー、これぇ~!サンプルとして通用しないどころか、20円でも売れないよな。
コピーを取りに行くことも出来ず(馴染みの文具屋は当然休みだ)、わたわたしてるうちに搬出に向わねばの時間になり、でもってハハについでの買い物を頼まれてそそくさとオデカケ。過日行った「駅弁大会」で買った梅ヶ枝餅が美味しかったからまた欲しい、てことでね。行くのはいーんだけど、今日が最終日なせいかまたしてもえらい混み方してた。場所はわかってるから進みたいのに進めん!みたいな。この梅ヶ枝餅、福岡の大宰府にしか売ってない餡子入りのお餅なんよ。5つで630円と値段も良心的。買ったら出来たてほかほかで、その場でひとつ開封したくなるほどだった。(エコバックに入れたら文庫が一緒にあったまってしまった…エコバックも考えモンだ)

搬出のとき、ここでちゃんとトークしとけば売れたかもしれないのに、と帰り道で反省しつつ6時過ぎに帰宅。したらハハがうかない顔してた。
『そば屋から電話。帰ったらすぐ電話くれって』
はぁ~、がっくしー。も、それだけでどんな用件か丸わかりだもんさ。どーせ何時に帰宅したかなんてわかんないはずだから(あぁ、携帯不所持ってありがたい!)、このまましばらく無視ぶっここーかと思ったけど、電話した。ヤなことはさっさと済ますに限る。
『電話したことで用件は察しがつくと思うけど』
『わかります。今日ですか、明日ですか』
『まさか今日とは言わないよ』(言うことあるくせに!)
『誰がどーしました』
『〇〇さんが腰痛で動けないとかで…明日、入れる?』
入らないことには話にならんだろが。代わりに誰がいるとゆーのだ。ちっ。明日は搬入だっつーのに。その後入れる、と思う自分がヤだわ。火曜から3連勤だったんだけど、4連勤になるんか。週末も入るし、今週5日勤務…は~あ。こないだSUさんが『オレたちはもー「体が悪くなる」ことはあっても「よくなる」こたーないんだから』とか言ってたけど、そーなんだろなーと思う。いや、腰痛の主はまだ40代だぞ。あ、でもあたしも腰痛持ちだから人のこと言えんか。腰もだけど、ここんとこ肩が凝ってるんだか寝違えたんだか痛くてしょーがないんだよなぁ。ヤだねぇ、あちこちガタが来るってのは。

ともかくそゆことになって、とりあえず明日の搬入の仕度して(豆本は売り物を1つサンプルにした)、そんでメールチェック。びーどろねずみサンと待ち合わせて行くことになってるんでその確認してたらば、中に『通し番号を振るのってメンドーだよね』みたいな一文があって“しまった、ヤラレた!”と青くなった。(実際にはヤラレたわけではなくてただ単に自分がミスっただけなんだけど) 
せっかく仕上げた梱包を解いて、値札に通し番号を…と思ったけど、値札シールがちっこいので(これを改めようと思ってたんだよなぁ~)、書き込むのに四苦八苦…して、途中で“これは相当読みづらいのでは”と思い、シールを別に貼ることにした。幸い(?)、丸型シールは目玉用に使うのでいーっぱいあるんだよね。もっとも、これをしたところで見苦しいことに変わりはなく、貼りながらタメ息。いろいろがっくしでトホホだ。せめて明日は美味しいランチをしよう。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-01-23 01:49 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156