こんなところにカラーコピー絵本のサンプルが!

そば屋4連勤3日め…しかも7人体制再び…しんどかったー。ゴトウビ(給料日)とはいえ、さほど混まなかったのでまだ助かったけど。控えがいないっつーのに何で休むかな。つか、1人欠けてんだからキビキビ働けよ、シャインさんよぅ。

と愚痴はこのへんにして。
夢工房さんに豆本携帯ストラップ、プチポチ袋、へんちくりんわんだーす&さんだーすを発送した。ちょーどいい折り畳みの箱があって、ちょびっとの隙間ができたので緩衝材代わりに地元のお煎餅入れたりして。(緩衝材としてお煎餅ってどーよ、とも思うけど) ま、とりあえずよゆーだな、と思いつつ梱包してたら、出てきた、カラーコピー絵本のサンプルが!何と机の上の文鎮の下にあったのだ!…ちょっとショックだった。(どこから出てきてもショックだったと思うけどさ) あまりにも薄いので気づかなかったのだとは言え、あんだけ探してて文鎮を動かさなかったのか?と思うと情けない。糊づけしたあと、しばらくはこの文鎮の下で大人しくしてもらうんで使ってるんだけど、にしてもわかりそーなモンじゃんねぇ。はーあ。

カラーコピー絵本のサンプルを作るときは、通常は完成品の中からチョイスするのだけど(キレイに製本できなかったのとかだと“こんなヘタレな作りなのか”と思われそうなので、一番平均的なのにするのだ)、今回はサンプルとして最初から作ってた。何でかってーと「紙の端が折れた状態でコピーされたモノだから」。ミスコピーなのは一目瞭然で、でも全部がそうだとは思わないだろーから、と思ってさ。つまりいま夢工房にあるのと、合わせて2つのサンプルが出来てしまったわけだ…わかってたんだけど悔しい。
この絵本が出来たとき、“うぅ~、何かこっ恥ずかしい内容(台詞)になっちまったなぁ~”と赤面モノだった。いーのかなーってのと、いーんだこのくらいで、てのとの両方で、検品のときちょっとどきどき。オーナーさんは『後で楽しみに拝見します』とチェック入れただけで、でもやっぱりちょっと反応が見たいよな、と思って(検品の最中に)隣に座るびーどろねずみさんにさりげなく(?)、絵本サンプルをつつっと押しやった。無言で読むびーどろねずみさん。読了後、おずおずこそこそと尋ねてみる。
『…どうですかね。ちと恥ずかしいんですが』
『よろしいんじゃないでしょうか』
そーか、よろしいか。よろしくなくてももーどーしよーもないけど。これ、タイトル付けなかったんだけど、やっぱり付けた方がよかったなぁ。紹介しづらいし、手に取りにくいかもしれないし。いちお、最初のページを開けると「ハート(マーク) misic」と入ってるんで、個人的に「love music」と名付けてはいるのだけどさ。でもタイトルとしてはこれは弱い気がするのよね。

とりあえず終わった…ちょっと予定が狂ったけど。そば屋も含めて。(あ~、明日そば屋行きたくなーい!!) ともかく3月の「ざっかてん」に向けて、動き出さないと。まずはDM。月内にメドを立てられれば…って、もー25日じゃん。どーしよっかなぁ。何となくイメージは出来てるんだけど。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-01-26 01:38 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156