Let’s go 合羽橋 で提灯なぞ買ってみた

今日は合羽橋!「河童」ではなく「合羽」なのに、町へ着くともーそこら中、河童だらけ。なのはなぜ?いや語呂合わせだってこたーわかってんだけどさ。だったらいっそのこと「河童橋」にしちまえばいーのに。金物から焼き物まで何でもござれの道具街ではあるけど、合羽を売ってるとこなんてないのにね。

過日、去年からの念願叶ってびーどろねずみさんとこの日に行くことにしたんだけど行く?とハハにちらっと聞いたらば、思いがけず目ぇ輝かせて『いいの?行く!』と嬉々としてはしゃぐもんだから、しまった、びーどろねずみさんにお伺いを立てねば、と慌てた。快諾してくれて感謝です。
朝9時半過ぎにウチを出て(チチは長い時間留守番することになるので、ハハと2人で『アレしちゃダメだよ、これ気をつけてね』と釘を刺してから)、3人で渋谷経由で田原町へ。ここがかの有名な「合羽橋」であることすら知らなかった…先日、路線図見て初めてこの駅名はないのだと知ったくらいだからねぇ。ホントにハハと2人でオノボリさん状態よ。

ずずーっと長い通りの合羽橋道具街を3人でてくてく歩く。雪丸ンち2人の目的は土鍋。も、ホントに限界でさー。底に楕円状にひび割れが走ってて、いつぱっかり割れてもおかしくないとこだったんだけど、ここでなら絶対見つかる!とゆー確信のもと、見て廻った。ま、あるにはあるんだけど、意外にそれほど種類はなくて、さっきの店にもあったね、と言うような土鍋ばかり。ん~、いまいちだなぁと思いつつ、手作りガラスの浅漬けの器を買ったり、震災で割ってしまったオトートらの飯茶碗を買ったりして、通りを折り返してちょっと歩いたところでよさげなのを見つけた。サイズといいデザインといい、悪くない。ぱっと見てハハが『ここで決める』と言い、ほとんど即決。てゆーか、ハハは元々「即決の人」なので、いろいろ見て廻ってもあまり「立ち止まる、悩む」ということがない。これは結構助かるのだ。あたしが欲しい買い物のときで悩むときは“待たせちゃって悪いなぁ”と思うけど。(でもオトート2号の方がはるっかに時間がかかるのでアレよかマシだとは思ってる) 

いい土鍋が買えて、ちょっと甘かったけど美味しい焼き穴子丼も食べられて、ついでに珈琲の生豆を炒る(ってこの字?)専用の網も買えたし、散策するにも寒すぎずで申し分ない日和でよかった。スカイツリーがくっきり見えたりしてね。(ハハは初めてナマで見たと喜んでた) 冷やかしで眺める食品サンプルもおもしろかったし。
実はついでに、もしあればだけど、今度の個展に出せそうな、いいモノが何かないかなぁと思ってたのだけど、びびっと来てくれるモノはなかった。ちょびっと残念。具体的に何が欲しい、てわけじゃなかったんだけどね、思わずちぎり貼りたくなるよーな小物とかが安価でないかなぁ、と思ってたのだ。ま、道具街だからそんなに期待はしてなかったんだけども。

びーどろねずみさんもまた、自身の仕事用としての小物を探してて、地図(合羽橋商店街の地図、というのがそこしこに置かれてるのだ)にちょこちょことメモ書き。えらいなぁ。こゆこと、あたしはまずしないもんねぇ。職人としてのスタンスの差かしらん。
そーそ、あたしは提灯をひとつ買ったのだった。これにちぎり貼って看板に出来ないかなぁ~と思ってさ。紙ではなく薄いビニール製なのはまぁいいとしても、問題は「ちきり貼ってから畳めるのかどうか」。こればっかりはね、やってみないとわかんないじゃん。チラシではなく薄紙だったら大丈夫かなぁと思ったり、それでも無理じゃね?と思ったり…ともかく近いうちにやってみます。上手くできたらアップしますぜぃ。

欲しいモノ全ての買い物を終え、チェックした店に戻るびーどろねずみさんと別れて帰宅した。(最後まで付き合えず、こちらのことばかりで申し訳なかったっす、びーどろねずみ殿。でもホントに助かりました、ありがとでした!) 駅に着いて夕飯の買い物をして帰宅したらば、ハハの携帯の万歩計は10383歩!1万歩も歩くなんてこたー滅多にないのでちょっとびっくり。今夜は熟睡だわ。いつも熟睡だけど。
夕飯は土鍋で!と思いきや、新しい土鍋は「まず小麦粉を大匙で3杯ほど入れて煮る」といいそうなので、明日以降に持ち越し。何でもこれすると「ひび割れがしにくくなる」のだそうだ。へへー、知らなかった。
さて、明日こそはばっちしDM撮影しないと!
[PR]
by yukimaru156 | 2012-01-31 00:39 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156