レッグウォーマー と家康の結界 とそば屋でキリキリ

「記事別アクセス数」って、読んでるとおもしろい。過去3ヶ月、ではなく1週間だったからそんなに遡れなかったのだけど、はるか昔の記事だったりするのねぇ。「スパイダーソリティア最高得点」は食いつきがいいよーだ。やっぱ気になるんだな、みんな。アレでいくら最高得点が弾き出されるモノなのかわかんないもんな。(PCの方はこのゲームが入ってると思うので、ヒマなときにでもやってみてください) これは「(カードの)移動回数が少ないほど得点が高い」けど、移動を繰り返さない限りゲームオーバーに出来ない、とゆーシロモノ。あたしの上級の最高得点は1147点だけど、確かそのときにさらに上の得点を出した、という書き込みがあった気がするな。
発信元URLがわかるのもあって、ぐぐる人、やふる人の割合が半々、てのもおもしろかった。へへー、それで「雪丸」とか「ちぎり屋」とか(さらには「手紙」とか「封筒」とか)で見て来る人がいるのかぁ~と。他にもあるけどね。

午前中、荷物が届いて“何だ?”と思ったらうたちゃんからで、過日の飲み会で『ブログにレッグウォーマーが欲しいたみいにあったけどいる?』と言われたので『うん!』と即答したら早速送ってくれたのだ。そんじょそこらのモノじゃないぜ、「裂き織り」だぜ。もちろんうたちゃん製。思ったよりでかくて“うぉぉ~”だったんだけど、履いてみたらばすっげーあったかいの。いいのかなぁ、こんな立派なのもらっちゃって。渋めの配色もまた素敵で、ありがたーく使わせてもらうことにした。ありがとね、うたちゃん。

さくっと掃除して、そば屋前に立ち寄るべく、東中野のビタミンTeeさんへ。(もちろんDM持って) 『山椒は小粒展』の売り上げをもらいに行ったのだ。諸経費さっ引くとちょっときびしーかな、という売り上げではあったけど、赤字でないだけ助かった、てことにしておこう。企画展も昨今は厳しいなぁ。在廊日、てのをちゃんと設けて、自分で積極的に売らないとイカンのかもね。今回は顔を出さないに等しかったからちょっと反省した。
で、ギャラリーのHYさんとちょっとお喋り。
徳川家康が建てた、目黒、目白、目青、目赤…ともひとつどこだっけ、の5ヵ所にある不動尊によって作られた結界は、かのスカイツリーによって「破られてしまった」のだそーだ。てことが2ちゃんねるを中心にえらく騒がれてるらしい。こえぇ~!やばいじゃん、やばいじゃん。どこまで信憑性があるのかってのもあるけどね、そゆことも含めてちょっとこあいな、と思ってしまったわ。

今日のそば屋はヤラレた…あったかい日だったし、夕方から8時くらいまではゆるゆるで、今日は全然伸びないじゃん、ラクショだな、と思ってたら、後半、8時~10時くらいまでの勢いが凄まじかった…そばは2分50秒(170秒)で30食が茹で上がる。それを丼に計り分けてくポジションにいたのだけど、「仕分け(計り)ペース」と「品出しペース」がほぼ同じなのだ。つまり、170秒で約30人前が出てしまう、というペース。次々茹でて、どんどん仕分けて、が連続してる。(大盛りとかもあるし、うどんはまた別だから数としては正確ではないけど) ヤラレたねぇ、目がくらくらしたもんな。こゆときは洗い場も揚げ場もぢごくで、10時過ぎてちょっと減速した頃はみんなして「ぶはーっ」と息吐いたもんね。何いまの、みたいな。日中はヒマだったと言ってたから、1日の売り上げとしてはたいしたことないかもしれないけど。

そば屋から帰宅したら、何やらでかい荷物が…何だこれは、と思ったら、マンガを貸してたジョウさんが夜に持ってきたらしい。他に雑誌とマンガが入ってた。これはくれるよーだ。まだよく見てないんだけど、このでかい雑誌はありがたいかもなぁ。ハハが気を利かせてDMをあげてくれたらしい。20枚くらい「ノルマ」として送りつけてやるつもりだったのに。
[PR]
Commented by うたちゃん at 2012-02-10 09:31 x
やっぱ、ちょっと大きかったか・・・。

織りで作ると、伸縮性があまりなくて
色々試行錯誤の結果、口にゴム通したんだけど
上だけにするか、上下にするかも色々考え
最終的にあの形に落ち着いたのよ・・・。

是非使い心地をレポしてくだされ~~~。
Commented by 雪丸 at 2012-02-11 00:59 x
おっきい、と思ったのは見た目で(笑)、実際に身に付けてみると“こんなモンじゃないかな”と思いますよん(^^) 口ゴムはあれでいいと思うな。ただ、やっぱり「もう少し小さい方がいい」という人もいるのではないかと…使い心地はよいです!あったかーい(^^) ホントにありがとね!
by yukimaru156 | 2012-02-10 02:13 | そんな1日 | Comments(2)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156