ばれちょこ と嗚呼ムックぅ~

今日もそば屋で、ちょっと前に出て百貨店の「バレンタインフェア」なるものに行ってきた。もー思いつかなくてさー、どこで買ったらいいのか。甥のYGには毎年あげてるのだけど、「質か量か「笑い」か」で悩むんだよねぇ~。質、はこの際「まだお子さま」てことでそんなにこだわらなくてもと思うし、量はほどほどでよいと思うし、となるとやっぱり「笑い」?みたいな。開けてびっくりとか、わーおもしろーい、とか、そーゆーサプライズが欲しいのだけど、近所で見てもどっかで見たことあるよーなのばっか。むしろフツーの雑貨屋の方がイイのあるんじゃないかと思うんだけど、ないのよね意外と。

百貨店の催事場なんて質重視な気がすると思うのだけど、とりあえず行ってみよう、と思って。こゆとこ、初めて入るかもしれない。売り子で入ったことはあるけど。(いやぁ、いまでも語れる凄さだったなぁ。ごでばのチョコだったけど。何せバブルの真っ只中、場所は渋谷、1日~15日の2週間で毎日が戦場のよーだったわ…)
平日の昼間でも、結構な人だった。あっちでもこっちでも試食させてくれるので適当に食べてたんだけど、まずいとかあんまり好みじゃないとか、そういうチョコがない代わり、これだ!という決め手もない…ので難しかった。何を買ったかとゆーと、ちょっと差障りがあるので失礼。ヤツめ、たまにここ読んだりしてるらしーし。
にしても全国の菓子メーカーが目の色変える1日だけに、あの手この手で凄いね。パッケージも凝ってるし。値段もよいけどねぇ。1000円、2000円は当たり前で、500円が安く思えるけど、でも1粒100円?とか思うと、普段でもそんなチョコ食べたことないぞ、なんだよね。国外のメーカーもいっぱい。パティシエ?ショコラティエ?の写真があっても全然わかんないし、フランスがいいのかベルギーがいいのかなんて、パッケージ同様、イメージと好みでしか選べないよね。
人はいっぱいだったけど、どの売り場も盛況、てほどでもなくて(本番までまだちょっと間があるか)、売り子さんたちは声出してがんばってた。ごでばの売り場に立ったのは20年前だけど、ラスト1週間は「倍々ゲーム」で、前日当日は1時間ごとにレジから札束引っ張り出さないと閉まらない有様。リーダーが紙袋に詰めて走るという、いまじゃ信じられん光景だったなぁ。確かあの年のチョコの売り上げはごでばの圧勝、ダントツ1位、だった気がする。チョコメーカーの数からしてそんなにいっぱいなかったしね。

とりあえず何とかイイと思えるモノをゲットして、自宅用(チチに、という名目で家族で楽しむ)を買って、そば屋。なんだけど、その前にちょっと立ち寄り。実は昨日、ムックの指ナシ手袋を紛失したのだ。も、失意のどん底で、「更衣室に落ちてるかも」と一縷の望みをかけてたんだけど空しく、駅の遺失物取扱所も空振り…泣けた。“今日はあったかいなぁ、コートじゃなくてポケットがないから気をつけなきゃな”と思ったのは覚えてるんだけど、だからカバンに入れたと思うのにないのだ。うぅっ、せっかく「ムック手袋とムックマフラーのセット」で楽しめると思ってたのにぃ~!
あたしは冬生まれなせいか、手袋とマフラーはよくもらう。ので、ひとつ紛失しても困らない数は持ってるのだけど、ムック手袋はつらい。自分でもこんなに凹むとは思ってなかった…明日またちょっと探すつもりだけど、もう無理かなぁ。嗚呼、ムックぅ~!
[PR]
by yukimaru156 | 2012-02-11 01:47 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156