どどんとマンガ とYGの工作

昨夜、オトート1号がどどん、とマンガを持って来て『読む?』と尋ねた。この状態で持ち込むことからして既に「読め」と言ってるよーなもんだけど、ありがたく受け取った。「ライアーゲーム」の8巻まで。(まだ続いてたとは知らなかった…ちょっと休載してまた再開したらしい。現在12巻とゆーが8巻までなのは『100円で買えたのはここまで』というごもっともな理由) すっげ読みたかった、てわけでもないんだけどね。借りれるモンは借りるわ。

で、今朝、b級サンからどどんと返却マンガ「地雷震」と貸してくれるマンガ「秘密」が届いた。部屋がちょっとすっきりしたと思ったらまたこれか…なんだけど、前者はともかく後者はありがたい。ちょっと気になってたのだよねぇ。清水玲子って絵は知っててもよく知らないし。ガクセイの頃、ちょっと何かを読んだ記憶はあるのだけど(確かスパイ物だったような…)。
「地雷震」、ちょっと前のマンガだけど、いたく気に入ったよーで何よりだ。「響也(主人公の刑事)、かっけぇぇ~!!!」と悲鳴に近いメールが入ってたし。(かっこいいのよ、マジで) たとえ2次元キャラでも、こーやって「同志」が誕生するのは嬉しい。「別にぃ~」て反応だったら悲しいけどさ。(オマケもありがとね、b級殿!)

マンガの間にダンボールを丸めたのが緩衝材代わりに入ってて、YGが欲しいとゆーのであげたら、何か工作したい模様。しばらくほっといたのだけど、あたしの部屋で静か~にしてる、てのはやはりちょっと気になって見に行った。せっせと何か作ってた。靴?スキー板?『糸!』と言うので出してやる。ちょっと違うらしい。『紐!』と言うのでマクラメ用の紐を出した。ダンボールに穴を空ける、とゆーのでドライバーセットのキリを出してやり、しばし見守る。何がやりたいのかよくわからん…なるべく手を出さずにいたのだけど、キモチが先行して手元がついて行かないので『靴にしたいんだったらこーじゃん?』と作ってやった。紐では具合がよろしくなかったのでゴムにしてやる。そして次に何を言い出すのかと思ったら『バネある?!』。靴(草履?)の下につけて「びよ~ん」と遊ぶのだそーだ。バネだぁ~?ねーよ、ンなもん。そゆことはDr.中松にでも言ってくれ。ダンボールでも紐でもゴムでもキリでもガムテでもさっと出してやれる部屋ではあるけど、さすがにバネはないよ、と言ったら不服そうだった。これだけ出してやれたことに感謝しろって。
次に作ったのが、なぜかお面(?)。お面つーより、工業用のフェイスガードみたいなやつ。四角だし。目の部分を横直線の長方形に空けて、耳にゴム。(これはあたしがやった) ロボコップみたいな顔になった。
『絵ぇ描こうぜぃ、絵!』
『いい、このままで』
『ドクロマーク描いてあげるよ』
『いらない。これが気に入った!』
ふふーん、いーんだ、そんなんで。つか、何なんだ、これは。鼻に穴が空いてないからじきに『苦しい』とか言い出したので、『空けてあげよーか』と言ったらこれも拒否られた。ま、いーならいーけどね。

半ば想像通り?のだらっとした1日を過ごして、みんなで夕飯の買い物。今夜はしゃぶしゃぶ。それからテレビを見た。豪徳寺の特集をしてたので『ここ知ってる』とか『へー、これは知らなかった』とか『チロル料理ってどこよ』とか、それなりに楽しめた。駅周辺がキレイになってとっくになくなったと思ってた「おじか」が健在だったのにはびっくり。あたしがガクセイのときは既に高齢のご夫婦が切り盛りしてたのだけど、さすがに経営者は代わったよーだ。ここのお汁粉やカキ氷は有名だったのだけど(チチがガクセイの頃からだ)、味はどーなのかな。ぜひまた訪ねてみよう。

YGがゲームに没頭し始め、YGパパ(オトート1号)は同窓会、YGママはノートPCに向き合って静かになったので、あたしは今日届いた「秘密」を読み始めてしまった。(ホントは3月の個展終了までオアズケにするつもりだったんだけどさー。1日でホゴにしちゃったわね) ふむ、こーゆー話だったのか。8巻のうち2巻を読了。明日からは自重しなければ。暖簾、うまく出来るかなぁ。さらし布ではちーとばかし弱すぎる(薄すぎる)かなぁ。


 
[PR]
by yukimaru156 | 2012-02-19 01:42 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156