雪じゃんじゃんだけど下北行った と「予想の斜め上」

チャリで行こうかどーしよっか、などとゆってる状態ではなかった…何だ、こりゃ?!みたいな雪…しばし絶句。ハハに起こされ、チチが出かける前に雪かきして欲しいと言われる。今日はチチのリハビリの日で、車で送迎してもらうのだけど、玄関先で転ばれたらたまんないもんね。てことで、朝食前にまずは雪かき。そば屋の払い下げ(?)長靴が、こゆときはめっちゃ役に立つ。やっぱもらっといてよかったー。(雪かきのときしか使わないけど) 雪の中、ざくざく入っても防水ばっちりで問題ないもんね。

で、今日はDMと額(置いておいていーよ、と言われたので)を持参して下北。びーどろねずみサンを呼び出し、ランチもする予定で、何だか申し訳ないなぁと思いつつ、徒歩で駅まで。ビニール傘があっちゅー間に白い傘に変わるほどの雪で、ブーツは湿ってきて足裏から風邪ひきそーだった。
びーどろねずみサンは(こんな中でも)やって来てくれて、まずはギャラリーへ。オーナーとも会えて、彼女の風鈴(これを借りる目的もあったのだ)を見せたりしてちょっとお喋り。彼女は初来訪だけど、『いい場所だねぇ~』と感心してくれた。まずは自分がやってみて、それでホントによかったらいろいろ紹介したいと思ってたけど、この「こじんまり感」も含めてイイと思う作家さんも結構いるんではないかな。

それから2人して、あたしが一度入ってみたいと思ってた(でも先日はお休みだった)、農民カフェに入る。古民家を改造した造りで、靴を脱いであがる。中にはダルマストーブとテーブル席がいくつか。産地直送の無農薬野菜で、米もスタッフが作ってるんだった、確か。どれもやさしい味で、湯豆腐とかプリンみたいで美味しかった。
四方山話に花を咲かせつつ、場所を変えて珈琲とスィーツとまたお喋り。マンガ借りてマンガ話して『仕事しろよ』って、じゃ貸してくれるなよぅ、とココロでちょっとベソかいたりして。
喋ってる間に雪やむかなぁ、て感じだったのだけど、歩いてる2時3時はまだちょっと霙?だった。足元はかなりべちゃべちゃだったし。水が染みちゃって、足裏が凍えそうだったな。完全防水ブーツが欲しいやね、こゆ日は。
4時には帰宅して(ちょっとの差でハハが雪かきを済ませてた)、『もらっちゃったー!』とムックバスタオルを見せたらば、ハハはしばし沈黙のあと
『あっちもこっちも赤ばっかりで、キョーサントウかと思うわね…』
違うもん、ムックだもん、いーんだもん。ホントは今日、帰りにムックのフリース膝掛けを見つけたのだけど、いま使ってる(YGらからのプレゼント)の膝掛けよりずっとぺらぺらで見送ったんだよねー。いくらか書いてなくて何だ?と思ったら300円均一みたいな店だった。いつのまに出来たんだ、こんな店…つか、ギャラリーとは逆の下北近辺は最近行ってなかったからなぁ。ちょっと見ないだけで結構変わった気がするや。

帰宅してせっせとDM書いて、切手が足りなくなった…ごめん、作家仲間及び友人たちよ、明後日になってしまう…あぁ、やっぱりもーちょっと買っておくんだったー。そーそ、こないだシモジで切手貼り用の海綿スポンジを買ったのね。やっぱ便利かなぁと思って。120円とかだったし。そしたらさ、切手が古くて糊がきかないので剥がれちゃうんよ。せっかく買ったのに、結局ぴっとで貼り付けた。30年以上前の切手だと、糊ももー効かなくなるのねぇ。当たり前かぁ。
それからレターセットを6組作ったら、封筒がおしまいになった…どーしよう。“このレターセット用封筒を使いきったら、次のを考えよう”と思って買った、100枚入り封筒。また買うとまた延々と作らねばになるけど、でも6組(在庫含めると8組)では足りないよなぁ…う~ん。

びーどろねずみサンから拝借した風鈴に目玉をつけてみた。悪くない…かもしれない。添付して送ってみた。速攻で返信が来た。
『ははは、予想の斜め上を行く出来栄えです』
斜め上か…「上」だからいーんだろな、これで。よし、やっちゃえ。名前も考えないとな。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-03-01 01:54 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156