揚げまくりながらひとり反省会

あぁ、何で朝っぱらから歯医者だー、と思いつつ起きた。でもま、昨日の朝よりはすっきり目が覚め、頭痛も治まってたからヨシとした。10時間は寝たいとこだったけどねぇ。

歯医者から戻ったら昼寝(?)するぞ!と思ってたのだけど、廊下に出しっ放しの荷物が気になって、結局そっちから片付ける。ダンボール箱が1つと紙袋が4つ、5つかな。什器やら布やら梱包材やらをキレイにして、紙袋があと2つ、てとこでさすがにちょっと息切れして(つか、あと2時間でそば屋かぁ~と思うとうんざりして)、休憩。部屋ン中で一番陽の当たる場所にごろんと横になった。ぽかぽかしてて気持ちがいい。そんでうとうと…あぁ、何で今日、そば屋なんだろー。「13日からOK」としたのは自分なんだけどさー。

10日ぶり、くらいなそば屋は、行ったら新メニューが始まってて、ここに書くのすらメンドくさいつけ麺に思わずブーイング。「揚げもの」ではないので今日は直接は関わらなかったのだけど、こーゆーアホくさいこと考えるのは誰だよ、と思ってしまった。SUさんとかも言ってたけど、1日10万の売り上げの店と120万の売り上げの店が同じレシピのものを出す、というところからしてまず「間違い」なんだよねぇ。他店ならともかく、ウチじゃやってらんないよ。

搬出で傷めたのか、腰が痛くてちょっとつらかったのだけど、明日はお休み!てのが救いで、どうにかやり過ごせた。よかった。気になる3月後半シフトも、タイトではなかったし。
新メニューのひとつ、桜海老のかき揚げを揚げながら、「ざっかてん」のひとり反省会。「雑貨店」としてもっといろいろあってもよかったのではとか、震災くじは(アイディアはオーナーに褒められたけど)ああいう形でよかったのか、もっと前面に出して「みんな忘れかけちゃいませんか、あれから1年ですよ、まだまだ大変な人たちがいっぱいいるんですよ」と訴えるべきだったかもと思ったり。今回、「下北のイチゲンさん(フリーの人たち)をどれだけ呼び込めるか、次に繋げられるか」ががメインでもあったはずなんだけど、結局来て買ってくれる人の大半は友人知人、常連の方々たちだったわけで、そこんとこ、まだまだなんだよなぁ。
オーナーもちょっとそれらしいこと言ってたんだけど、ギャラリーの名前が「おばあちゃんち」で、展示が「ちぎり絵」って、ただそれだけで“そういう(ちょっと古臭い?)店なのか”と先入観を持たれてしまった可能性も否定できない気がするんだよね。「ちぎり屋」を展示名に入れるのではなく、以前やった「くりくりざっかてん」のように、“それって何?あぁ、この子たちが「くりくり」?”と思ってもらう方がよかったのでは、とかさ。

あと、やっぱり「平面作品だけ」ってきついな、と思った。今回は「R.3.11」の豆本持った「へんちくりん」たちがいたから、場としては悪くなかったけど、カードやレターセットなんかの文具だけでは目が惹かれない。いろいろある中にカードとかがあって初めてそっちが売れるのではないかなと。これまでだったら「ちぎり絵で立体なんて難しいよぅ」で諦めてたフシもあるけど、いい素材(つか「ちぎり絵立体を可能にする接着剤」)を手に入れたんだから、それを活かす「何か」をもちょっと真面目に突き詰めて行く方がいいのかもだな。来年の15周年(ひょえぇ~)は、そっち方向で考えるのがいいのかもしれない。まだわかんないけどね。いま現在のイメージとして、何となく、ね。

さーて、明日は「ちぎり屋そば屋完全オフ」だ!!素晴らしい。礼状とかも書かなきゃだけど。とりあえずこれから念願の「アイス食べながら「銀魂」を見る」2時間を過ごして、そんで10時間爆睡、と行きまーす。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-03-14 02:34 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156