破亜限奪取アイス と大量廃棄に吐き気

今日の天気はまた荒れるとゆーので、雨にならないうちにオツカイを済ませ、帰宅してすぐまた逆方向に走った。天ぷら持って豪徳寺。目的は、『銀魂』で言うところの「破亜限奪取」アイス。(確かこんな字だったと思うのだけど、たま~にチラリと出るだけなので定かではない) 「ざっかてん」のとき、友人からこのアイスの引換券をもらってたので、どーせならスーパーで引き換えるより顔馴染みの店で、と思ったのだ。思ってたのに、引換券を忘れた。何てことだ!!あまりのショックにしばし呆然としてしまった。早く帰らねば、と思いつつ、ショックの尾を引きずりつつ、“10分だけ許そう”と思ってB・オフに入った。これから大雨、の予報のせいか人がすごく少なかった。ここんとこずっと読みたいと思ってた「帝都物語」を105円の棚で見つけた。4巻、5巻、6巻だけ…何でこの3冊?!全10巻のうちの真ん中3冊ってあまりにも半端だ。う~、う~、としばし睨み、結局買わなかった。で、10分、と決めたはずなのにたっぷり20分費やして、結局何も買わなかった。えらい。ちょっと自分を褒めてあげた。でないと空しすぎる。

昼食のオカズが何もない、とゆーことだったので、近くの洋食惣菜の店に入る。ここ、品数は決して多くはないのだけど、なかなか美味しいのだ。ケバブとか煮込みハンバーグみたいなのとかがライス付きで7、800円くらいだったりする。そこで「ホウレン草と鶏肉のラザニア」(350円)を2つ買い、急いで帰宅した。小雨がだいぶ強く降り始めてた。
チチがリハビリの日なので、ハハと美味しくランチしてたら、どんどん雨が激しくなってってがっくし。風、ぶぅおぶぅお鳴いてるし。雨、ものすごい勢いだし。よりによってこんな只中に出かけるのかよぅ、とココロで半ベソかきつつ、でも行かねばならんので出かけた。いやはや…勢いがやや衰えたところで出かけたのだけど、それでも結構すごかった。ビニ傘だったら完全にオチョコになってたろーな。

そんでそば屋。5時過ぎから7時過ぎあたりまでがえらい混んで、あぁ、これは「いま帰らないと電車が止まるかもしれない」と家路を急ぐ人たちなのだな、と思い、だから「こんなにかき揚げはいらない、このピークを過ぎればおそらくはいつもより人も少なくなる」と一緒に揚げてるKMさんと判断したのだけど、シャインは『揚げろ、揚げまくれ』。人の話なんか聞きゃしないので、ぷんぷん怒りつつ、むかつきつつ揚げた。案の定、7時過ぎにはぴたりと客足が止まり、かき揚げはほっとんど出なくなった。だから言ったろ、こんくらいわかれよ、というあたしらの軽蔑の眼差しは無視。ココロでまずったと思ってるのかもしれないけど、一切口にも顔にも出さず、黙殺。そして過去4年、あたしが経験した「かき揚げ廃棄枚数」歴代記録を超え、前代未聞、空前絶後、「もったいないの神さま」が激怒して雷を落すんじゃなかろーかという、昨日の40枚なんてメでもヘでもない、160枚以上のかき揚げを廃棄したのだった。
店長がどう判断するのか知らないけど(たぶん何もしない。かつてあたしが125枚廃棄したとき、それ揚げたのは店長だから)、明日の朝の仕込み分にまで手を出し(結局また作り)、それらを全て徒労にさせてひとことの詫びもない、てのがむかつく。もったいないの神さま、どーかヤツに天誅を!

帰る頃はすっきり晴れて、お月さんがそりゃあキレイで、星も見えていい夜だった。そしてまさかのオチが待ってた。カギがかけられ、ウチに入れなかったのだ…初めてだ、こんなの。何ごとかあったのかとちょっと肝を冷しつつ、呼び鈴を鳴らしたらしばらくして『ごめん~!』とハハが玄関を開けてくれた。あまりの強風にドアががたぴしうるさいので、鍵をかけたらしい。そんなに違うもんかねぇ。
[PR]
Commented by b級 at 2012-04-04 09:40 x
「帝都-」(中古)取得してしまった・・・
どこ探しても1冊も出てこない、「幻魔-」までも1冊も見つからない、持ってた(ハズ)のは10巻までだった、等の精神的ダメージから脱却するために。

先に読む?
Commented by 雪丸 at 2012-04-05 00:49 x
b級さん、いつもありがとでーす!おおっ、取得されたですか!素晴らしい!(オイラは今日も探したですが、全巻揃いではなかったのでまたしても断念したです…) 「持ってたのにない」てダメージ、でかいっすよねぇ。よぉ~くわかりますです(^^;)

先に読むなんてとんでもない!急がずゆるりとお読みになったあと、貨してくださいまし(^^) 来年でも再来年でも待てますんで(笑)
by yukimaru156 | 2012-04-04 01:27 | そんな1日 | Comments(2)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156