何でもいい本、は迷う と「スポンサーからひとこと」

おおっ、粘土日和だぁ~!と思ったけど、の前にちょっとハハに付き合って三茶までお買い物。三茶のB・オフの100円割引券があるので使いたいのだとゆーと、あっさり『待ってるから行ってきなさい』。うぅ~、待たせるとなるとなぁ、気が急くんだけどなぁ。特に欲しいモノがあるわけではなくて、ただ「100円引き」を使いたいだけなのに。吉祥寺に続いて渋谷でも「50円引き」を期限切れで無駄にしてしまったので、ここはやっぱり譲れないと思って買い物のあとダッシュ。(三茶は駅から店までちょっと距離があるのだ) ばばっと105円の文庫棚を見て、あ、これ読みたかったんだー、がなくて困る。こゆときに限ってないんだよねぇ。で、「何でもいい」と思うとさらに迷ってしまうし…いやホントはあったんだけど、以前105円で見た本、350円で、しかも上中下巻だから1050円。100円引いても950円。却下。(ちなみにK・フォレストの『大聖堂』。前に見かけたとき、買っちまえばよかった) 結局、恩田陸の『黒と茶の幻想』、2冊210円を110円で購入。どうかなぁ~。ま、読むのは結構先になるだろな。往復10分、物色に10分。ちょっと待たせちゃったな。

帰りは豪徳寺で降りて、お昼のお惣菜と念願(?)の破亜限奪取アイスを4つ買った。日頃、このよーなこーきゅーなアイスには見向きもしないので(いっつも69円か79円のアイスだ)、こんなにいっぱい種類があるとは知らなかった。名前見てるだけでヨダレが出そうだった。
帰宅して昼食とって、それからあたしだけまたオツカイ。今日はアイスが69円だったので、迷わずそちらも買う。つか、買わせてもらう。これで当分アイスには困らないな、ほくほく。でもリョーシンもちゃっかり食べるから当分、てわけでもないか。ハハは最近『サッカーを見てると食べたくなる』んだそーだ。こないだ食べようと思ってたのがなくて「やられた!」とか思っちゃったけどね。なでしこ、がんばったし、キモチわかるので不問にした。破亜限奪取だってモトはあたしがもらったギフト券だけどさ。今日の69円はあたしのお金じゃないからオアイコだ。

で、粘土こねこねが出来たのは3時過ぎ。昨日は「ちぎりの神さま降臨!」とかはしゃいでたけど、“いーのか、こんなんで…”と思いつつ。単純すぎるしさ。背中に文字、てのもどーかと思うし。でも作っててやっぱり楽しかった。ちぎり貼るのは粘土がよく乾いてからだから月曜くらいかな。思うよーなのが出来るといいんだけど。
昨日は5センチくらい、と書いたけど、3~4センチほどになった。びー玉星人よりちょびっとおっきいくらい?形もあんなもん。(恐ろしく単純でしょ?) 34個出来たので、34個の「文字」を考えたのだけど、まだ20くらいしか出来てない。入る文字はせいぜい3字か4字、漢字はNG、てわけでもないけどこのスペースには難しいかな、と思って。
メモりながら、作りながら、ふっとこんな言葉が浮かんだ。
「スポンサーからひとこと」
これ、あたしが好きなSF作家、フレドリック・ブラウンの本のタイトルなんだけど、あろーことかぜんっぜん内容が思い出せなくて焦った。最近、こゆこと多すぎ!タイトルだけ覚えてて、なぁ~んも思い出せないなんてどゆこと?と自分に呆れる。いっくら読んだのが20年以上前だからってねぇ…しかも好きな作家なのに。うぅ、悲しい。確か宇宙人からのメッセージだったように思うんだけど。本棚の後ろの方にちゃんとあるはずだよな。明日にでも確かめよう。

この「スポンサーからひとこと」て言葉がやけにこぴりついてしまったので、連中の名前とは別にポップとして使おうかな、と思う。「スポンサー」ではおかしいか。「メーカー」?それもちょっと違うな。「スポンサーにひとこと」?ん~、いまいち。ま、いーや。訊かれたら『こういうタイトルのSF小説があるので』とでも言って笑ってごまかそう。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-04-07 01:58 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156