十条、西新井、そして浅草橋

何だか思ってたよりずっと(ずーっと)、くたびれる1日となってしまった。今夜は爆睡だわ。

午前中のうちにハハに付き合って買い物して、それから新宿に出て埼京線で十条に行った。意外に近くて、イラストレーターのOKサンと、彼女の紹介の某老舗喫茶店へ。ここの壁面をタダで2週間貸してくれるって話で、彼女が何だかやけに熱心だったのでランチがてらの見学。3月の「咲陶展」の喫茶店、赤レンガくらいを想像してたら、壁面15メートルのどどーんとゆー広さに面食らってしまった。こりゃあごまかしきかないわ。いくらギャラリー代タダと言われてもそれなりに経費はかかるから、いろいろ話は聞いたうえで、即答は避けさせてもらった。オーナーさんはとても気さくでいい方だったし、出来ればやってみたいかなとも思うのだけどね。
十条駅は赤羽のひとつ手前で、初めて降りた。吉祥寺のアーケードみたいな長い商店街があり、喫茶店はその入り口近くにある。駅から徒歩1分。問題は「いつやるか」と「何をするか」。後者に関しては漠然と“こんな感じでどーだろー”てのがあったのだけど(つい先日思いついた)、壁面を眺めて却下。つか、ちゃんと作戦(?)練らないとアカンな、と思った次第。誰かとタッグを組む、とゆーのもアリではあるけどねぇ。「いつやるか」もね、きちんと考えないと。秋はまたイベントラッシュになるはずだし。

で、キモチ予定としてはこの後ちょっと2人で散策、お喋りして解散、浅草橋に行って買い物して帰宅、だったのだけど、はんこやまなちゃんの店「よいな」の話になったら『これから行こう』となってしまったんよ。ちょっと迷ったんだけど、赤羽から西新井駅行きのバスが出てることがわかって、だったらいっか、と。
あたしは東京地図が「頭に入ってるよーで入ってない」ヤツなので、ただ漠然と「赤羽から西新井はそんなに遠くない」と思ってたのね。甘かったわね。10分ほどバスを待って、バスに揺られること40分、50分?しかも「大師前」に停まる(と前にいたおじさんがゆってた)のに通り過ぎちまって、西新井駅から1駅乗って大師前。まなちゃんとこに着いたのは4時半近かったかなぁ。着いたと同時くらいに雷雨、にはびっくりしたけど。(まさに間一髪だった!) 
とりあえずまなちゃんとOKサンでまた話が弾んで、それぞれに収穫があったみたいでよかったけど、あたしは“あの壁面をどうするか、そもそもやるのかやらないのか”で頭がいっぱいでちとフクザツな気分だった。

でかい絵、とゆーのを作るのは(「何を」は問題だけど)、嫌じゃないのよ。むしろ「ずっとちぎり続けてられるシアワセ」みたいなのも感じるからいいんだ。ただ、それで多くの人に見てもらえたところで、そして評判がよかったとしても、「売れずに残る」のがね…でかければでかいほど、かさばるじゃない。額がないと見映えがしないけど、それにもお金かかるしさ。てとこで悩んでるわけ。

大師さまにお参りするとゆーOKサンと別れて、西新井から北先住、そして秋葉原、浅草橋。帰宅は7時半になって、距離数にすると結構いってるよなぁ、とつくづく思ってしまった。交通費もね。給料日前でお金ないのにぃ~。
ハハが『浅草橋で目当てのモノは買えたの』と訊くので、買ったのは(あったら欲しいと言われてた)ホイルシートと、フードパック100枚(天ぷら用)とアイスケース100個(ジャム用)だけだよ、と言ったらば
『一銭にもならない、人のためのモノばっかりじゃないの。人がいいわねぇ~』
と半ば呆れ顔で言われた。あたしもそー思うわ。いつか何か別の形で報われるのでしょう、たぶん。そのためにやってるわけじゃないからいーんだけどさ。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-06-02 01:17 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156