ハハとカレー屋(あたしのチャリ範囲内で一番美味いかも)

チチがリハビリの日なので、ハハと豪徳寺のカレー屋に行くことにした。ちょっと前にテレビに出てて、ハハが行きたがってたので。インド人(かネパール人か)の夫婦がやってる店で、毎朝豪徳寺に商売繁盛祈願みたいなことしてるとか紹介されてた。場所は、以前あたしが働いてたパン屋のすぐ近くなので“ここは喫茶店だったんだよなぁ、ご主人はもう亡くなられたのかなぁ”とちょっと淋しく思ったりして。
喫茶店をそのまま使ってるようで、「インド・ネパールカレー、エスニック料理の店」となってたけど、外観も内装も昔ながらの喫茶店のまま。置き物とかもさ、どー見ても当時の喫茶店にあったもの。だって袴履いて帯刀した侍(?)が杯持って立ってるなんてインドでもネパールでもないもんな。

カレーセットは700~800円前後。ナンかライスとサラダと飲み物付き。辛さは5段階で、あたしもハハも上から2番目の「ベリーホット」を頼んだ。美味しかった~!やっぱ紹介されるだけある?(つか、その番組は特定の街にスポットを当てるので、小さい街だとほとんど紹介するしかないよな感じなんだけどさ) あたしがチャリで行ける範囲内にあるカレー屋としては一番ではないかなぁ。
ハハとひーひー言いながら美味しく食べて(注文する人たちはみんな2番目の「マイルド」か、1番目の…何だったか忘れた、ともかく一番辛くないやつなのね)、マンゴラッシーで喉を落ち着かせて堪能した。で、会計で『3331円です』と言われて硬直。したのはハハね、あたしはチャリを取りに行ってたのであとで聞いた話なんだけど。だって780円の野菜カレーと850円の日替わりカレー(今日は野菜とチキン)、合わせたって2000円にもならないのに、どっから出てきたのよ、3331円。かけても割ってもそんな金額にならないじゃん。お店の人もすぐおかしいと気づいたらしく、慌ててレジでごそごそして、ハハが笑いながら出てきた。話をしながら『ちょっとお釣りが多い気がするんだけど…』と掌の小銭を数える。370円。ちゃんと合ってた。ただし350円は50円玉で。100円玉がなかったんだろか。店主ではなかったので、新人のインド人かネパール人だったのかもしれない。
あたしゃ両者の区別がつかないのだけど、昔、インドに行ったあとネパールに行ったら“やっぱりちょっと顔つきが違う気がするな”と思った記憶はある。何が違う、てわけでもないんだけどさ。あちらの人に言わせると『インド人の女の子よりネパール人の方が断然可愛い』らしい。ま、昨今じゃ「黙ってたら韓国の子か日本の子かわからない」もんな。インドとネパールなんてもっとわかんなくなってるかもな。

チチのリハビリセンターがこのすぐ近くにあるので、ちょっと立ち寄ってみた。通りに面した入り口から、チチたち数名がテーブル囲んで団欒してるのが見えた。ハハがドアを開けてスタッフさんたちに気軽に声をかけ、ちょっと挨拶して、買い物して帰宅。風鈴の短冊を作ってしまおう、と思ってたのだけど、ゆっくりしてしまったので時間も中途半端だから諦めてマンガを読んでた。こないだ借りた、『銀の匙』の2巻。1巻を読んだときはそーでもなかったのだけど、ちょっとおもしろくなってきたかもしれない。作者は実家が農場だから、こういう話は描きやすいだろな。

そんでそば屋。どーってこたーない1日だったのだけど、問題は明日か。台風?カンベンして欲しい。水曜は清掃業者が入る日だから、掃除しないでいい、て点ではラクなんだけどねー。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-06-06 01:39 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156