レベルアップはガセ?な男子校生の会話

春日部のポストカード展に送るカードを作った。メッセージ入りとナシと「くり抜き」カードの3種なんだけど、その比率に悩む。最近ではメッセージありよりナシの方が売れるんだよなぁと思うしねぇ。それにナシの方も「くりくり入り」か「くりくりなし」かってのもあるのだ。まぁ、数は揃ったし、15日必着ってことだからちと考えることにしよう。

どーでもいーことだけど、そば屋に行く途中に男子校がある。昔(あたしがガクセイしてた頃)はバカ校で有名だった。が、最近では「そーでもないらしい」って話で、学校のレベルなんて結構短いスパンで変わったりするから“へーそーなんだー”くらいにしか思ってなかった。この学校、正門前に「バスケ部関東大会ベスト4」とか「剣道部団体戦優勝」とか、そういったことがでかでかと掲げられるのだけど、その中に「ロボットコンテスト準優勝」てのがあって、あれって以前テレビでちらりと見たことあるんだけど結構レベル高いんだよね。競技としては単純だけど(あたしが見たのは「円の外に相手を出す」ってやつだった)、どんなパーツを組み合わせても可、重量制限なし、みたいなので、腕がついてたりキャタピラがえらく頑丈だったり、と勝敗が進むにつれてロボットの性能がぐんとあがってく。それで準優勝なんてすごいじゃん、と感心してた。

で、そーやって感心してあげてたのをあっさり覆されてしまった、こないだ。
駅までの道のりを、あたしの後ろを歩くかの男子校生2人。と、ドラッグストアの前のテーブルに栄養剤ドリンクらしきミニボトルと紙コップが置いてあって、1人が“何だ?”て感じで覗きに行った(よーだ)。
『試飲だった』
『シインて?死んじゃうの?』
思わず振り返ってしまいそーになった。ばかか!何で死んじゃうよーなモノを店頭に並べると思ってるんだ!仮に(仮に、だ)試飲でなく死因だとしても、意味全然つーじないじゃん!
『ちげーよ、試飲だって!試食みたいなモンだよ』
『何だ、試食か。だったらそんな難しい言葉使わないで「試食」って言えばいーじゃんかー』
『試食は「食べる」だろ、じゃなくて「飲む」から試飲なんだよ!』
『えぇ~?ふぅ~ん…』
ってわかってんのか?つか、これが「最近レベルが上がった」と言われるガッコの男子高生の会話なのか?!小学校以下じゃんか!“やっぱバカだ、やっぱバカだ…”と思いながら、結局振り向かないで駅に着いた。何だかなぁ。100%赤の他人ながら、将来大丈夫なのかと不安になったわ、いろんな意味で。

そば屋の後半シフトが出た。「月15日」て契約で、1ヶ月を前半、後半と分けて作られるシフトなので、6月前半8日ってことは後半は7日のはずだった。
何で9日も入ってるんだよ!
ここんとこちゃんと遵守してくれてると思いきや、まさかの2日オーバー。今週だけで5日も入ることになってるし、あとはずっと4日…あぅ~、どーしてくれよーか。出店とか出展とか、切羽詰ってないから問題ないっちゃーないけどね、プライベートと仕事関連であれこれ入ってるから「お休みなし」に近くなってちょっとしんどいなぁ…「プライベート=お休み」だろ、て言われると返す言葉はないんだけどさー。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-06-12 01:38 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156