毎月のお楽しみ絵本探し とまたマイナスか…

そば屋オフだったのに入ることになってしまって、もーそれだけでう~んざり、がーっかり。
それはさておき、まずは近所に買い物と銀行。引き落として入金して、リョーシンに頼まれた分も似たよーなことして…で、B・オフへ。絵本を探しに、ね。毎月被災地宛てに送ってる絵本も100冊を超えたのだけど、まだしばらくは続けるつもり。選ぶの楽しーしさ。自分でも読むし。
送る冊数と値段は大体決まっていて(3キロ以内、1冊105円)、今回はちょっと真面目っぽいのを選んでみた。ペンギンの生態の絵本とか、ミステリーレシピとか、伝記の「伊達政宗」「武田信玄」とか。何か「ご当地」って感じでもあるじゃん。戦国モノとか最近読むようになったけど、作家の数だけ解釈もあったりするわけで、読んでて“えーと、史実ではどうなってるんだっけ”とか思ったりするんだよね。なのでちょっと楽しみ。とりあえずこの2冊にしてしまったけど、まだ何人かいたのでも少し追加しておこーかな。来月だともうないかもしれないし。

で、自分が欲しかったK・フォレットの『大聖堂』を見つけたのだけど、あたしが知ってる表紙とちょっと違うような…と思ってよく見たら「ソフトバンク文庫」となってた。何じゃそりゃ?携帯と球団だけでなく文庫まで手を拡げたの?何で?不思議だ。いまさら世に知れた、しかも既に他社が出してる本を出してどんな意味があるんだろ…訳文がどんな感じなのか読み比べたかったけど、当然のよーになくて、結局買わなかった。あ~、ホントは今日は渋谷にでも出て、ゆーっくりココロゆくまで絵本と文庫とマンガを眺めて「びびっ」ときた本を手にするはずだったのになぁ。

帰宅して、ちょっと溜まってた伝票の整理。今日、西新井の「手ぢから よいな」サンから入金されてて、おおっ、お小遣いが!と思ったんだけど、委託費と納品のための往復交通費でしっかりマイナス…ま、そーなるだろなーとわかってはいたけど、やっぱりちょっとがっくり。こないだハンコも頼んでしまったから、さらにマイナスだよなぁ。どかんと一発当てる、てことはできんのか。
そーいや今年の抱負は「公募に挑戦」だったんだよな。1つ2つ出したとこでもー半年も過ぎてしまった…やばし。あとの半年もきっともっとあっちゅー間だ。そば屋の日常から外れないことには無理、てことかしらね。

そのそば屋、突然の交代だってことで遅刻させてもらったんだけど、行って愕然とした。マジで。怒涛のよーに文句が口から迸ってしまった。だってとんでもない状態だったんだもん!無理だって、ここから閉店まで進めるのは!てくらい何も仕込みが出来てなくて、ともかく揚げて揚げて、シャインもそれなりに奮戦して何とか事無きをえた…よくまぁ無事に済んだわ、あの状態から。
でもって唖然としたのが、来週月曜から始まるご飯セット。鯵のフレーク?だか何だかをごはんに乗せるらしーのだけど、平日夜限定で始めるってことは遅番だけに負担かけてるよーなモンじゃん。どーしてそーゆーことが出来るのかな!あのでかい炊飯器を2台置くってことがどんだけ邪魔になるのかわかってないんだろな。あ~むかつくぅ~。いま辞めたら、残るパートさんたちがどんだけ大変か目に見えるあたりがさらにむかつくわ。月曜行きたくなーい!明日もだけど!
[PR]
by yukimaru156 | 2012-06-16 02:08 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156