さぶうぇいランチ と「愛のダメ出し」 と合い間の読書は至福

あ~、雨かぁ~、と思いつつ、夕飯の買い物とかねてからの約束のさぶうぇーサンドイッチを買いに行った。(まったく逆方向、てのが何だかなぁだけど) 事前に何を買うかリョーシンを含めて3人とも決めてたので(具材だけでなくパンやソースの種類もね)、さくさくっと注文できたのだけど、さくさくっといかないのは店員のにーちゃんねーちゃんの方。うん、も少し早く出来るよう慣れよーね、て感じ。帰宅してびっくりしたのが、セットのスープが冷たかったことだ。ンなことどこにも書いてないじゃん!つか、カップには「熱いのでご注意ください」て入ってるんだけど…?枝豆とコーンのスープらしく、これはこれで「冷たいスープ」として美味しかったんだけどさ。季節によって違うんかな?ま、サンドは野菜たっぷりボリューム満点で美味かったっす。

2時近くになってからやっと座って自分の制作時間、となった。引き続き豆本の仕込みをしつつ、コルク表紙の中身について考える。この表紙でなきゃ!て内容でもないんだけど、何となく出来た。「〇〇はダメ、△△はダメ、◇◇はダメ」とダメダメが続くので、タイトルは「愛のダメ出し」。うぴょ。そりゃラストは愛で〆るんだけどさー、いつものパターンで。(これっとどーなのかなぁ~、といま思い始めてるところ。何かそんなんばっかじゃん?あたしの本て…) 
「NG」で行くかな、と思ったんだけど、「G」はアルファベットの中で一番ちぎりにくいから即却下。「ダメ」では何だか直接的(?)すぎる気がするし、と考えて「× PEKE」に決定。うん、悪くないかも。なんだけど、ねぇ…このラストパターン、自分でもちょっと飽きてきた気がするんだよねぇ。「ちぎり絵」そのものに関してもだけど。

そのへんはしばし保留ってことで(またかよぅ!)、透明豆本に取り掛かった。とりあえずページの中身、6冊分。1冊だけテグスで製本したのはいいけど、試作本のちょっと見苦しい部分、てのがうまく解決できない…どうしたって針穴は見えてしまうしねぇ。背表紙部分もいまひとつだし。先日の試作本の画像を見た友人が『アイディア勝ちだね』と言ってくれたけど、でもって『確かに誰もやらないかも』と言ってくれたけど、「だけ」でどんだけの人が買ってくれるんだか…よね、よーは。豆本愛好家の人たち、目ぇ肥えてるしねぇ。まぁ、あんまり考えると作れなくなっちまうのでほどほどにしとくけど。

合い間の一服休憩、珈琲休憩で『小太郎の左腕』を読む。11歳で180センチってどんだけだよ!と思うけど、かわいいから許す。「鉄砲試合に出たかったら貢物をよこせ」と言われて「はい」と持って来たのが風車なんて、無邪気を通り越してただのバカなんだけど、そこが可愛いじゃない。そして鉄砲の腕はまさに神業。この腕、まさに戦国時代の真っ只中で巻き込まれずに済むわけないんだよなぁ。どうなるのかなぁ。

明日からそば屋は4連勤…オフの1日は早いわ…つか、月日が経つのが早すぎ。もー7月なんてねぇ。とほほ。
[PR]
Commented by TM at 2012-07-02 00:43 x
金曜日はお疲れさま!
久しぶりにゆっくり話せて楽しかったよ。

偶然にも私も今日のお昼さぶうぇー三茶でテイクアウトしてきて食べたんだよね。
ちょっとびっくりしたからコメント。

秘み酎の蜂の子・・・まんまだから、ドン引きしたわけで・・・。
イナゴじゃないだけマシとか、そういう問題でもないわけで・・・(笑)
Commented by 雪丸 at 2012-07-03 00:43 x
TMちゃん、お疲れさま~!金曜はありがとね~!おかげで素敵な店でゆっくり出来て楽しかったわぁ。また会いましょね(^^)
蜂の子…やっぱりアレも食べるモノなの?イナゴだと佃煮になっちゃうけど(笑)、蜂の子は甘いのかなぁ?何気にカラダに良さげな気はするな、うん(^^;)
by yukimaru156 | 2012-07-02 00:24 | そんな1日 | Comments(2)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156