ハハと誕プレ探し と「楽しいムーミン一家」

ハハが思ってた今日のスケジュールとあたしのとが微妙に食い違ってたので出かける気が失せてしまったのだけど、ハハがひとりでも行くよーなこと言い出したのでやっぱり付き合った。あんまりあぢぃーのでチャリではなく電車で行こうと思いつつ、結局交通費惜しさにチャリで行く。お財布事情が苦しい昨今なので出費は極力抑えないとね。
昼までに掃除と洗濯と布団干しを済ませたので、下北に出た2時近くにはもーくたくた。ハハもスポーツジム帰りでくたくたで、そこへきて「これだ!」と思うよーなプレゼントが見つからず、暑いわ喉乾くわ汗吹き出るわでイライラ…よくないやねぇ、こゆのは。
値段はともかくモノがねぇ…と思いつつ、ハハの『もういい、これにする、くたびれた』のひとことで決定。好みでなかったらあたしがもらい受けるからね、オトート2号よ。

4時過ぎには夕飯の買い物も済ませて帰宅。どどーっと疲れたけど、今日はまだ何も出来てない!とちと焦りもして、がんばって豆本を完成させた。写真がないって?そーですね、気が向いたらってことですいません。
(だって写真撮るの、メンドなんだもーん。まず撮影場所に困るしさ。撮ったらPCにつながないといけないしー)

ダメだ、疲れた、きっとねっちゅーしょーだ、と一服して、「被災地に送る絵本」をまだ全然読んでなかったことに気づいた。ちょっと手を休めて読み始めてしまった、『たのしいムーミン一家』。ガキんときは好きでアニメ見てたけど、内容なんかてんで覚えてなくて、覚えてるのはむしろアニメの絵の方の絵本。確かムーミンパパの仕事ってのが「ニョロニョロ」の研究で、ニョロニョロの島を訪ねるんだった。(確か嵐だったような…あ、舟が難破したんだっけか!でもってニョロニョロが放電してた気がする…) 
つまりちゃんと読んだことはなくて(今度借りる予定だけど)、今回初めて単行本を読んだ。昔のアニメ(70年代?)は「ムーミンとノンノン」だったよね、名前。で、その後のアニメでは「フローレン」だった気がするんだけど、本だと「スノークのおじょうさん」なのは何で?てことは「スノーク」ですらないんだよね?う~ん。数あるムーミンシリーズでこれが最初の巻なんだけど、このまんま名前は出てこないのかしらん。とか思いつつ読んでたら、彼女のお兄さんが登場した。「スノークのぼっちゃん」じゃなくて「スノーク」。むむむ?ややこしくないか?何かヘンなの。そーいや「ニョロニョロ」って名前も不思議。すごく日本的な気がするんだけど、直訳したら「ニョロニョロ」としか訳しようがないのかね。

スナフキンて、みんなの中では「一番お兄さん」なイメージだったけど(よく旅してるし)、ムーミンたちと無邪気に遊んでるところを見ると同年代なのかと思ったり、にしては言ってることがちょっと老成してないかと思ったり。彼の歌う歌は ♪おさびしやぁまぁ~ くらいしか知らない(つか記憶にない)のだけど(このあとどう続いてたんだろー?いまになって気になる…)、単行本で最初に披露される歌は

 ♪すべてのちっちゃな動物は しっぽにリボンをつけなくちゃ

だった。ぷぷぷ。でも案外正論かもしれない、と思ったりもして。にしてもイラストの絵は、スナフキンの鼻が黒いんだよねぇ。そのおかげで何か違う動物(?)に見えるわ。いちお「妖精」なんだっけ?違ったっけ。架空の動物?よくわかんないや。

新作豆本は揃ったけど、在庫から出す分とか、レイアウトのこととか(ただ並べるだけってわけにいかんので、何か考えないと!)、プロフィールとか、やらなきゃならないことはまだまだある…大丈夫なのかなぁ、あたし。「小さい額展」も(昨日DMが届いた!)、ぜんっぜんやってないんだけど。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-07-26 01:12 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156