レイアウトの日 ビバ!マスキング

昨日、ブログ後にまたちょっとひと働きして(夜半はだいぶ涼しくて能率も上がるねぇ)、119冊の豆本すべてを梱包(サイズの合わないOPPはカットしてマスキングテープで作った。節約節約)、そして値札をつけた。豆本展では「値札はマスキングテーブに」ということなので(ここ以外でも豆本展はマスキングだなぁ、そーいえば)、3センチ幅にカット。あ、いちいちハサミでなんか切ってませんぜ。カッティングボードにだーっと一直線に数列貼って、3センチごとにカッターでね。
げげ、もしかしてすごくやばいかも…と思い始めたのが、119冊中、100冊を過ぎたあたり。白いマスキングテープがなくなるかも、という事態はまったくの想定外で、慌てる慌てる。ミスカットやナンバリングミス連発いすぎだ、と激しく後悔。カットする手を止めて、しばし黙考。2.5センチだとぎりぎり間に合うかも、という計算のもと、やってみた。間に合った。つか、豆本120冊作ってたら間に合ってなかったという、相当の際どさ…まー買えばいいだけの話なんだけどさ。白のマスキングなんて1本7、80円くらいだし。ただそのためだけに買いに行くのが億劫だし、作業が滞るのも避けたかったのよね。タイトルと作家№と価格を書いて、全ての豆本に貼り付けたら午前3時過ぎ。これ、日中だったら暑すぎて出来なかっただろーと思う。ただでさえ、ちまちまちまちまと頭痛くなるよな、でもって制作には何の関わりもない作業だかんねぇ。

本日はレイアウト。のためにはまず「90×45」のスペースを部屋に作らないといけない。これがまた厄介で…何せ無駄なモノが出すぎなのよ、あたしの部屋。引っ張り出した什器だけでなく、在庫の箱だとか何だとか。汗だくになりつつ何とか確保し、手持ちの什器でがんばってみた。ホントはさ、100均でキューブ型のインテリアグッズを大中小と10個ばかり買って、ピラミッドみたいにしよーかと思ってたのね。入れ子みたいにして送れるし。(棚でもいいのだけど、組み立ててもらわないといけないからねぇ。ちと申し訳ないので) で、れやるとしたらいくつ買えばいいんだ?とあれこれ考えてたんだけど、終わって戻ってきたらまたモノが増えるなぁ、と思ってやめた。以前、友人からもらって、アクセサリーなんかを置くのに使ってる棚を使おう、とひらめき、また周辺を散らかせつつ、スペースに配置してみる。うん、悪くないかもだ。まずは什器だけの写真を撮って、その後豆本を配置してまた写真を撮る。この2枚で、配置してくれるスタッフさんが『わかりやすい、やりやすい』と思ってくれるといいのだけど。

ガラスタイルの「生ちぎり」豆本、やっぱり箱がいるよなぁー、以前作った「レインボールブック」のときも作ったもんなー、と思い、“前はどーやって作ったんだっけ…”と1個だけ残しておいた「レインボール」を取り出してみた。クソへたれな箱で思わずげんなり。手持ちの厚紙自体がそんなに大きくはないので、側面部分は別にカットしてマスキングテーブで貼り合わせる。箱のサイドに柄が入った感じでちょっと可愛い。微妙に歪んでたりして、丁寧さには欠けるんだけどもさ。マスキングテープ、いまはホントにいろんな柄や色が揃ってて助かるし、何より楽しい。小袋や封筒を作ったときにちと使いすぎてしまったので、7、8本あるうちの3本が終わってしまった。また買っておかねば。今度はどんな柄にしようかなぁ。

3時半過ぎくらいか、夕立があって、やんだら買い物に行こう、と仕度して“あ、やんだみたいだな”とウチを出たら再び土砂降り…またウチに戻る、という選択肢はないのでそのまま出かけた。スーパーで買い物してたら、外を歩いてる人はみんな傘さしてなかったので“やんだな”と会計済ませて出てみたらまた雨…帰宅したらぴたっ。あたし何かやったっけ~?誰かに不義理こいてるかなぁ。だとしたらすいません。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-08-05 01:08 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156