待ってるのを忘れるくらい待ってた新巻

まずは『空を飛ぶ夢』の表紙作り。何か結構イイ感じになった。魚1匹が表紙から裏表紙にわたって貼ってあるのだけど、表裏並べると1匹の魚になるので、なかなか目立つ。もちろんこの魚はみんな柄が違うので、ヘンちゃーヘンなんだけども。ゃっぱもーちょっと作っておいた方がいいなぁ。何か売れる気がしてきたし。
それからせっせとDM書いて(豆本フェスタ3は今週末だとゆーのに!ごめんなさい)、んでそば屋、と。

その前にちょっと本屋に立ち寄った。一昨日、『注文していた本が届いたと電話があった』とハハに言われたのだけど、はて?何を注文したんだったか…と記憶にない。ハハは『言えばわかると思ってタイトル聞いたけど忘れちゃった』と言う。『秋のナントカ…』『……?』『すごく前なんですが、と言ってたわよ』『う~ん…』『7巻だって』。で、そりゃ『ヒトガタナ』かな?でも注文しておいたっけかなぁ~、と思いつつ行ったらば、店の兄さんがあたしの顔を見るなり本を出してきた。『ヒトガタナ』ではなく『青空とおくに酒浸り』だった。やったーっ!待ってたんだよーぅ!待ってるの忘れてるくらい待ってた!!

兄さんが『いやぁ、長かったねぇ…10ヶ月?そのくらいだね』と言うので、そんなに前だっけかと思ったんだけど、何にせよありがたい。嬉しい。あたしの顔見るなり出してくれるあたりもまた嬉しい。(店員の鑑だ) 以前、「来月の新刊」に載ってたので注文したら、翌月になって『今月の新刊には載っていない』と言われ、とりあえず出たらよろしく、と言っておいたのだ。すーっかり忘れてたけど、あちらはちゃんと覚えていてくれたんだなぁ。
で、帰宅を待てずにそば屋へ向う通勤電車ン中で読み始めた。やめておけばよかった…「ぶっ」と吹き出してしまったり、にまにましちゃったり、はたと気づいて顔を引き締めたり、我ながらヘン。でもおもしろいんだもん、これ。本の中で『9ヶ月も休刊して時間はいっぱいあったでしょ!』『作者が目一杯サボったんだよ!』『昨年からずっとこの格好なので飽きた…』などとゆー会話が唐突にあったりして、そーか、本誌では9ヶ月も休んでたんかー、とか思ったり。それじゃあ新刊出るのも遅れるわなぁ。そこんとこ、どーなってるのかわからないけど。
帰りの電車でも読了できず、帰宅してから熱い紅茶を手にじっくり読んだ。相変わらず先が読めない展開だけど、そこがいーんだな。めちゃめちゃくだらないくせにしっかりバトルでナノテクなSFで。(ま、ともかくそゆことで新巻待ってろよぅ、BQ~!)

そば屋は雨の割には忙しくない…気がしたんだけど、後半(9時以降あたり)からどどっと来て、結構あたふたした。新人さん、どーしてゆーこと聞いてくれないんだろ…てところで疲れるんだな。まいったなぁ。『わかってるんですけど…』ってゆーならやってくれよ、頼むから!A4いっぱいに書かれた「水止めろ」の貼り紙は、この水出しっ放しのことなんですよ、と言ったらば、『昨日、店長に怒られました』と言う。だーかーらー、一昨日さんざん言ったじゃないですかぁ~?「初めて聞きました」みたいな顔するのやめてくださいよぅ。
ひと回り年上なんだけど、故の頑固さなのか、「前の店ではこうだった」からのクセなのか、なかなかねぇ…いい加減、何度も同じこと注意するのもくたびれるんだけど、どーしたもんだろか。明日行ったらあとは3連休に突入するので、他の人に任せよう。で、ダメだったらダメだ、あたしゃ知らん。

今日はまたえらい肌寒かったねぇ。やっぱもー「衣替え」なんだな。七部袖着る前に長袖?昨日はちと夏バテかなと思ったけど、今日はしっかり復活。なのでご心配なく。そんでしっかりアイス食べて英気養いまーっす。
[PR]
Commented by BQ at 2012-10-04 08:16 x
うははは、新刊だ!新刊だ!新刊の舞~ヾ(*´∀`*)ノ
「三茶」もしくは「あつぎ」でなにとぞなにとぞ・・・宜しくです。
Commented by 雪丸 at 2012-10-05 01:08 x
BQさん、ちはーっす!待ってたろ、待ってたろ!三茶といわず、あつぎといわず、早速送っちまったぜぃ!(^▽^)/ だってやっぱ気になるだろーと思って。お借りしてた本も返さなきゃだったし、本棚の奥の方から出てきたヤツも“たぶん好みだし、絶対知らないし”と思って(笑) 

イベント前にごめんよぅ。でも返却はいつでもよいので存分に楽しんでくださいましねー(^^)
by yukimaru156 | 2012-10-04 02:10 | そんな1日 | Comments(2)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156