何とかなった! と「屋」が多い

あ~、やっぱ銀さんはサイコーだぁ~!とアイス食べながら堪能したのは午前3時。キモチ早かったかな。カレンダーに入れる文字は翌朝に廻し(ここでミスると泣くからさ)、10時まで熟睡した。
早々に文字を筆ペンで書き入れたあと、片付けつつ梱包。まだまだ部屋はとっ散らかりだけど、テキトーなところで区切りをつけてチャリ屋を目指す。過日銀杏をくれた店に顔を出して礼を告げたら、日曜に行くからと言われた。ありがたい。

チャリ屋で『パンクかもしれないけど、もしタイヤ交換した方がいいということであればそうしてください』と伝えると、丁寧に見てくれてやっぱり交換、ということになった。4500円。痛くないもん、明日倍以上稼ぐんだもん、と思いつつATMへ。チャリ屋の爺さんがいたので、随分昔にこの自転車を買ったのだけど、すごく重宝してます、と言うと嬉しそうに『この自転車はいいものですよ、ブレーキも一番いいものだし、ペダルもしっかりしてる』。ホントにそーなんだよね。だってここの「オリジナル」だもん。まだまだ使わせてもらいますぜぃ。

で、ついでに近くの惣菜屋へ。夏にここで応えたアンケートで見事「日帰りバスツアー」が当たったので、ちょうど居合わせた店長に礼を言った。『それはおめでとうございます!あれ、結構応募があって、500円のお惣菜券を含めて5人に1人当たればいいかなくらいの確率だったんですよ』。おおっ、それは素晴らしい。
それから文房具屋までメンテもばっちりで快適になったチャリで行き、「くり抜きポストカード」のコピーを取ってたら、おばさんに『これ、先日忘れなかった?』とカレンダーの原本を渡された。どひーっ!言われるまで気づかなかったなんて間抜けすぎるぅ~!何度も礼を言って笑われ、コンビニだと1日で捨てられてしまうんですよ、と言うと驚かれた。
『ものすごい量なので、取っておくことが出来ないそうです』
『ウチも凄いのよ~。そうか、じゃあ昔のは処分してしまっていいかしら…?』
と言うので、安易には頷けないなぁと思いつつ、いいと思います、と応える。会話の流れからしてホントに多そうだったし。原本だと思うと捨てられないのはわかるけど。にしてもこのコピーを取ったのが顔馴染みの個人商店でよかったー。これなかったらカレンダーの予約取っても作れなかったもんねぇ。

あれやこれやとやることはあって、気づいたら夕方。そーだ、「バルタン星人」と「カネゴン」のステッカーはどこだ?と思い出して探し始めるも見つからない…だんだんマジになってきて“こことあそことあそこにないとしたらあとはどこだ?!”とプチパニック。余計なモンはやたら見つかり、欲しいモノは見つからない…焦り始めて“ンなことしてる場合じゃないのに!!”と自分にキレ始めたところで見つかった。よかった。ふぅ~。てことで明日は「現金歓迎」じゃなかった、「現金大歓迎」のカネゴンのステッカーを帽子につけてきますよー、目印にどうぞ。

明日の出店者一覧を見てたら、「〇〇屋」というのが多いことに気づいた。あたしも「ちぎり屋」だけど、「ふたつ名」が好きなので「ちぎり屋」ではなくて「ちぎり屋さゆき」なのよね。何となくかっこいいじゃん。「〇〇師〇〇」とか「〇〇の〇〇」とか。昔は職業だけでなくて出身地名を付けたりもしてたみたいだけど(清水の次郎長とかさ)、ここは7やっぱり屋号でしょ、と思って。(付けた当時は「何のこっちゃ」とよく言われたもんです…いまもか) でも「〇〇屋〇〇」はいなかったな。かっこいーと思うんだけど、ふたつ名って。

というわけで「ちぎり屋さゆき」、ブース№17でみなさんのご来場をお待ちしてます。2日とも上天気らしいので、お時間ある方、ぜひぜひお散歩がてらお出かけください。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-10-20 00:50 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156