10巻くらいがちょうどいい とハニーローストピーナツ

『ヨルムンガント』はおもしろかった。ラストはやや駆け足だったのと、“こういうことじゃないかなぁ~”って予想が大方当たってたのはちょっと残念だったけど。昨日もちょろっと書いたよーに、全11巻くらいってちょーどいいと思う。(でもあと1巻分くらい、キャラたちのことに触れててもよかったんではないかと思うけど。ルツのことがよくわかんないまんまだった…拉致してきた化学者のことも) そーいや『蟲師』もこのくらいの冊数で終わったんだったな。いま続巻待ちの『ヒトガタナ』も『ぎんぎつね』もそれぞれ7巻。あと3、4巻くらいで終わってくれると嬉しい。いや、中途半端なのはゴメンだけどさ。あ、『青空とおくに酒浸り』もそーだった。これは…どーなんだろ。まだまだ続きそうな気もするし、ぐだぐだに終わる予感もしなくはない…『火星人刑事』もやたら半端なとこで未完のまま何年?なんで、何巻いってもいーから二の舞いだけはやめて欲しいなぁ。

絵本を送りに郵便局へ行く。そーそ、絵本の中の1冊『晴れときどきぶた』がおもしろかった。あとはいまひとつだったかなぁ。『もったいないばあさん』も欲しかったのだけど、550円もしててこれで105円が5冊も買えるじゃん!と思うと手が出なかった。美本なのに105円とか、結構傷んでて修繕のあと(ただセロテープで貼っただけ)がある汚い本が250円とか550円とか、ちょっと納得がいかない。何なんだろうなぁ、この差は。これってその店の店員の主観で決まるのかしらん。基準とかあるんだろか。マンガは「高価買取り」とか、売れてる作者かどうかみたいなラインがあるようだけど、絵本にはない気がする。五味太郎の『さる・る・る・る』は105円だったし。荒井良二は250円だったけど。絵本は「ベストセラー」ではなくて「ロングセラー」が良本、みたいなところもあって、でもロングセラーてことはそれだけ「出回ってる」てことだからそんなに高くないってことだったりして…いやそれ言ったらマンガも一緒な気もするけどな。う~ん。

郵便局のあと、秋物セールしてるライトンを覗いた。いいシャツがあったら欲しいかなぁと思ってたのだけど、安くなってるのはデザインがいまひとつで、店内をしばらくうろうろしたのだけど無理に買う必要もないな、100円タワーももーないしな、と思って何も買わなかった。エライぞ、自分。セールだからって買わなきゃいけないわけじゃあないのだ。ましてや昨日、衝動オトナ買いしたのだしな。
雑貨屋を覗いたり、頼まれてた買い物したりしてたらあっちゅー間に時間が経って、慌てて帰宅して昼食をかっこんでそば屋。いつも珈琲を買う某チェーン店が「珈琲豆半額」をやってて、ハニーローストピーナツも30%だか50%だか安くなってて買ってしまった。ここのハニーローストはちと違う、てのがわかってんだけど。探してるハニーローストピーナツの缶の柄ってのがどーしても思い出せないんだよねぇ。オトート1号が『お客さんにもらった』と言って持ってきてくれたヤツだ。あとで言っても当然わからなくて、YGママは『類似品にご注意ください、って言ってるよ』とゆーのだけど、そもそも食べたモノが「本家」なのか「類似品」なのかすらわかんないもんな。
とか何とか思いつつも買ってしまったのは、昨日買った『ハチミツとクローバー』でたまたま手に取った巻で主人公の1人が「ハニーローストピーナツの食いすぎで入院」てシーンだったからだ。キモチ、わからなくもなかったので。いや、入院するほど食べないっつーか、その前にそんな量買えないだろ、と思うけどさ。(ってどのくらいの量を想定してるんだ、あたしは?)

ともかく3連勤が終わって2連休。まずは衣替え!そして制作と行きましょかね。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-10-27 01:56 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156