くりんぱとその仲間たち

きのーはちょいとウソ書いちまいました、すいません。「ニューズウィーク誌」としたのは間違いで、「The Plain Truth」とかゆー雑誌。サイズが一緒で内容もニュース、時事ネタなので勘違い。こっちの方が新聞の紙質に近くてよさげなのだけど、やっぱどーもなぁ…てことでニューズウィークにしてみた。ロシア語版で。う~ん、やっぱ硬いかなぁ。でもとりあえずヨシとして写真撮影。紙、ちょっと光っちゃうんだけど。

そんでデジカメ手にしたついでに、おはじきマンくりんぱとその仲間たちをぱちり。(そしてビタミンTeeさんに写真を送ろーとPCに入れてから、こっちはボケボケなことに気づいた…ので撮り直し。何だかなぁ、何やってんだかー) 
d0078532_0271678.jpg
中央が先日あつぎでゲットしたガラス作家の飯田さん作品。ガラスじゃなくて鏡だろって?そーなんだけどさ(鏡はこいつだけでしたが、また作られるそーです)、よぉーく見てよ、目玉の赤いのはガラスのお花なんよ。かあいいっしょ?足はワイヤーで出来てて、これに立てかける形。このふくふくなボディが素晴らしいわぁ。そして左のちっちゃいおうち(羽はあたしが挿したモノ)は、過日くるみギャラリーで個展されてた吉川裕子さん作品。このサイズにまたやられますな。中央が三茶楽市でゲットした、ミニチュアロボット作家の本田さん作品。いやぁ、ちょっと見づらいなぁ、すみません…目とかホントにちっこいんだけど、何か訴えてんだよねぇ。台座もまたいいでしょ?こういう、ちょっと得体の知れない者たちってマジそそられるっす。そして我がくりんぱ。腹のおはじきには「ちぎりはあと」。お日さまパワー&ラブパワー全開。見劣りしてる?してない?どっちでもいーんです、彼は立ち去る運命なんで。(つか、立ち去ってくれなかったら困る) 親愛なる作家諸氏、作品と実名記載許可感謝でした。

無事写真を送ったあと、くりんくるたちに色付け(ちぎり貼り)。先日、あつぎで3体が売れてしまったので、残りは1体のみ。これじゃあねぇ。よかった、ボディだけでも作っておいて。そーいや売れた3体は「初期型、2号機、最新3号機」の3つで、3兄弟揃って同じおうちに行くのかぁ~とあとでちょっと感慨深かった。違いはホントに微妙なんだけど、わっかるかなぁ。
全部で10体に色をつけたあと、縦型の封筒作り。あつぎのとき、“やっべー、もしかしたら言われちまうかなぁ~”と思ってたらやっぱり言われてしまった一筆箋。あるときはほとんど誰も注目しないのに、ないと必ず言われてしまうのよねぇ…あれは何故?一筆箋を探していたであろう人に対して、「作ってるけど(今回は)作ってないから(ここに)ない」といことにひっじょぉーに後ろめたさ(?)を覚えてしまうのよね。あ~、ごめんなさいー、とゆーか。

一筆箋は、あつぎ前に買っておいたのだけど、どうやらミスった模様で、これまでより罫線が少ない。つまり行間がすごく開いてる。どっちがよいのかは使う人次第だけど、あたしだったらあと2行くらいは欲しいとこなんだよな。それにちぎり絵サイズとの兼ね合いもあるし。てことで、現在は一筆箋制作中。完成したら今日はもー寝るかな。
そーそ、休憩中に珈琲飲みながら過日借りた『ナルト』を読んだ。前回借りたあとの続きってことで7冊持参してくれた。未読は6冊。う~むむぅ~。やっぱ週明けまでオアズケだな、これは。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-11-15 01:05 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156