チチをひとりにできん と「机を広くするぞ作戦」開始

昼までぐーすか寝て、それから朝食…ではなく、顔を洗ったらすぐ出かけた。リョーシンには昼食、あたしには朝食の、ばーがーきんぐ。先日、ここの割引チケットが入ってて、それを使おうとゆーことになってたのだ。行っていろいろ驚いた。まずえらく並んでて、これはチケットのせいかと思ったのだけど、どうも違うらしい。ポスターには「昼割」と「学割」の両方があり、みんな「昼割」で並んでるみたいなのだ。10時半~14時まで2割引(だったか1割だったか) んで14時以降は「学割」があり、でもって「バイキング」まである。Lセットを頼むと、30分間ポテトとオニオンリングとドリンクが無料なんだと。ほぇ~。お得そーだけど、Lセットを食べたあとにどんだけ胃袋に入るんだ?とか思った。ヤローだったらいくらでも、なんかな。しかも30分で。

ハハが同窓会なので、あたしはそば屋をオフにしてもらってたのだけど正解だ。くたびれてとてもじゃないが仕事はできん。加えてチチひとりではもー留守番はさせられないなぁ~とつくづく思ってしまった。自分で珈琲を入れに行ったのだけど、続けてあたしも台所に入ったら、ガス台がぴーぴー言ってて、チチが困惑してた。火は出てないのにスイッチが入ったままという不完全燃焼状態。すぐ切れば何てことないのだけど、「何が鳴っているのか、なぜ鳴っているのか、どうすればいいのか」がわからない様子で、『ひとりで留守番できる!』と豪語してても信用できない理由がここにある。まぁ、足元もだいぶ覚束ないから、どっかで転倒されたら大変、てことでハハかあたしのどっちかがいるようにしてるわけだけど。

昨日持ち帰った作品を部屋に入れる前に、ちょこっと整理して掃除機をかけた。で、作品の梱包を解く前に机周辺もささっと片付け、「机を広くするぞ作戦」の開始。
あたしの机は古道具屋で買った「昭和の卓袱台」で、使い込まれた木の感じがとてもよいのだけど、何せいろんなモノがありすぎる。必要と思われるモノ(筆記具その他)と不要なモノ(ちぎりカス消しゴムカス及びメモの類)と、そして「しまってしまうとその存在を忘れて再利用できずにゴミになるモノ(小壜だったり木片だったり陶器の欠片だったりその他)とが混在してるのだ。約90センチ×70センチの机上は、これら3種(+ムックたち)がほぼ2/3を占め、おかげであたしのちぎり仕事はどんどんどんどん「ちっちゃく」なって行った次第。この机に20センチのカッターマットが置けないってどんだけ狭く使ってるんだよ?!と自分でも突っ込むもんな。

机の先端の方なんてホコリで白くなってるし、ちぎりカスん中には爪が紛れてたりして、はぁ~、とタメ息。ちぎりカスはさ、ここからまたよけるのよ、使えるのとそーでないのと。前者は色別になってる「ちまいチラシ箱」に分類し、後者はゴミ箱。この作業だけでちょっとした時間を食い(だから出店ラッシュだった昨日までほとんど手を付けられなかった…)、さらなる選別はちょっと難航。「ちぎったものの色やサイズが合わなかった」てチラシがまた結構あるのさ。失敗したわけではない、てのが捨てるに躊躇する理由なのだけど、だからって使うこともほっとんどないわけで、さてどーしたものかなぁと現在保留中。意地でも使う、てのを過去数回やってはいるのだけどね。
そんなこんなでやっと机は半分の広さにまでなった。あとの半分ももう少しコンパクトに出来るはず…なんだけど、どうだろなぁ。とりあえずこのままの状態で(使えそーなモノを使って)、ハハの友人からのオーダーカードの制作に入らねばな。このありがたい注文、あつぎ前に頂戴したのだけど、その理由ってのが「近所での開催なのに行けなくて申し訳ないから」。そんなこと気にしないでくれていいのになぁ~、返って申し訳なかったなぁ。

あ、そーそ、今日は過日借りた『ナルト』の最新巻62巻までの3冊を読了した。いろいろ想うことアリだったのでそいつを書こうと思ってたのにいままで忘れてた。
はーあ、明日はそば屋かぁ。そんなことより、「クリスマス展」の作品についてもっと煮詰めて制作に集中したいー!
[PR]
by yukimaru156 | 2012-11-19 01:06 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156