サンタクリース? と浜省

朝からざーざーで気が滅入る…こんな日から4連勤だもんなぁ。
リョーシンを送り出したあと、昨日の粘土の続き。「くりんくる」のサンタバージョンは「さんたくりーす」て名前にしよーかと思ったんだけど、てことはリースも作らないとアカンのかと思ったり…どーなんだろ。既に赤い帽子をかぶってるわけで、リースを頭に乗せるわけにもいかないし、座布団代わりに敷けばいいのか?とか思ったり。で、リースは何で作るんだ?いー加減、こーゆーアホな発想はナシの方向で行きたいよなぁ。と思ってるのに閃かない自分がもどかしい。こういうのって一度発想してしまうと、そこから離れて別のモノ、とはいかないんだよね、なかなか。

粘土ビーズは3連にするつもりだったのだけど、3つ繋げたら結構重かった…いちお粘土の袋には「従来の1/3の軽さになります」とあるのだけど。赤か緑、もしくは白に「Merry Cristmas」の文字入りのリボンと既製のビーズとの組み合わせで、粘土は2つでオーナメントを作った。球形にしろ、ハートや星型にしろ、とてもイビツで手づくり感溢れるシロモノ…と書くと聞こえはいいやねぇ。発砲スチロールで作った方がよかったかなぁ。そーそ、以前100均で「スチロールカッター」なるものを見つけたのだけど、結局買わなかったんだった。あれってどーなんだろ。確か電池入れる仕様だったと思うんだけど。

「さんたくりーす」の彩色(ちぎり貼り)をしながら、不意に ♪午前4時眠れずに 彼女をベットに残し バイクにキィ挿しこみ…てフレーズが頭を離れなくなって、これって誰の何だっけー、とそのまま歌ってたら思い出した。ハマショーだった。で、何て曲?と思い、CDを引っ張り出す。彼のCD、5枚くらい貸したまんまで、もーかれこれ4、5年戻ってきてないんだよなぁ。返してくれる気はあるのかなぁ。
ともかくベスト盤を聴いてたらその曲が出てきて、「J-BOY」だったことがわかった。なっつかしーい!売れたんだよねぇ、この同名アルバムは。好きでしたよ、浜田省吾。彼の声も好きだった。ただ、甲斐バンドもだけど、一般に(世間的に)ヒットした曲ってのは、ファンにとっては必ずしも上位ではないんだな。「悲しみは雪のように」とか「もうひとつの土曜日」とか、あたし的にはいまひとつだし。(でもこの曲、男性諸氏には泣けるらしいね) で、「J-BOY」。「家庭も仕事も投げ出して逝ったあいつ」を想いながら、「心の空白埋めようと 山のような仕事抱え込んで 凌いでる」男の歌。J-BOYてのは「Japanese Boy」の略で、「頼りなく豊かなこの国に 何を賭け 何を夢見よう」と続くのだけど、浜省って多いんだよね、この手の「個人レベルから国家レベル」に向っちゃうよーな曲が。昔、何度か自衛官になった先輩とライブに行ったけど、『隊には浜省ファンが多い』と言ってたのも何となく頷ける。(北海道の駐屯地に大型トラック20台だか30台だか連ねて走る、その先頭車両に乗ったとき、ずっと浜省をフルボリュームで流してたと言ってた…何だかなぁ) 浜省っていまいくつなんだろ。そろそろ還暦?ひょえぇ~!

そんなこんな感傷に浸ってるうちにあっちゅー間にそば屋の時間になり、無駄に人数がいる上にまた新人が入って、無駄に疲れた…何か毎日落ち着かない気がしてヤだなぁ。人がいないよりはいいのかもしれないけど。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-11-27 01:56 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156