ポロ市でまな板 と綿菓子さんと電話 と制作はみんな半端

何だかいろいろやったよーな、でも結果として何もしなかったよーな、ヘンな1日としてしまった…「やったけどみんな中途半端」てことだわね、つまりは。

毎年12月、1月の15、16日は(曜日がどうあれ)世田谷のボロ市の日で、つまり昨日今日。メチャ混みは予想してたのだけど、ここで買うモノは決まってる(その出店場所も決まってる)のでささっと行ってささっと帰ってくるつもりだったのだけど、あろーことかハハに「まな板」を頼まれてしまった。まったくの逆方向じゃん!(この場所もどこかわかってる) うぅ~、まな板かぁ…てことで、満員電車に近いようなアホな混雑(地元としてはホントに迷惑)の中を何とかかき分け、まずはまな板。どうにか店の前に立ち、ポケットから取り出したるは誕生日にもらった「ムックメジャーキーホ」!素晴らしいよ、早速活躍だよ!店の人や背後からの視線をいっぱいに浴びつつ、鬼のよーにうず高く積まれてる(胸の高さくらいまである)アラスカ桧のまな板を計る。
『幅があと1センチばかり短い方がいいんだけど』『このあたりはどう』『あ、これいいです、これで!』で、即決。交渉も何も、どんなサイズであれ一律500円なのでわかりやすくていーんだ、ここ。

で、こっちまで来る予定ではなかったのに来ちゃったので、「震災支援」ののぼりがはためいてる店で「刺身わかめ」300g(かなりの肉厚)を1000円で買い、それから苦労して逆方向のお茶屋で山盛りのお茶を(詰め放題と言いつつ旦那が詰めてくれる)、550g1050円でゲット。札には「450グラム1050円」とあるから、100gオマケになるのよね。そして最後に川場名物「山賊焼き(ハム、ソーセージ、ベーコンを鉄板で焼いて詰めてくれたモノ)」500円を買って帰路へ。1時を廻った頃で、そりゃあもーすごい人!ちんちん電車もすし詰めに近い。帰りはラクだけどね、まだ。帰りにスーパーであれ買ってこれ買ってで、結構な重さになった。エコバック2つだもんね。何が重いってまな板だわよ。でもこれ見たハハはご機嫌でよかった。
にしてもこのボロ市混雑、ほんっとにすごい人なんだけど、「食ってる人」は多くても(この混雑で歩きながら喰うんじゃない!)、「買ってる人」は少ない(気がする)。人がいすぎて流されて、ゆっくり見てる間がないんだよね。あんまり人がいっぱいでも楽しめないよね、こゆとこは。

ぽかぽか陽気だし、まだ2時過ぎだしってことで、早速「ちぎり屋」の仕事。丸シールに「豆福」と書いて、それからそこに詰める「あまりモノには福」をがさごそ。あるよでないよな、なんだけど(この1年半で結構「震災支援くじ」に放り込んだからねぇ)、10袋分くらいにはなったかな…そんでついでに「在庫整理」、のつもりでドツボ状態です、はい。

昨日、「在廊日」と称してたにもかかわらずすれ違ってしまった綿菓子さんに電話をした。『約束してたわけじゃないし、謝ることじゃないよぅ~』と言ってくれてほっとした。今年は会えなかったのでホントに会いたかったんだー、としばしお喋り。彼女はお義父さんの介護をかれこれ10年以上してたので、ウチのチチのことも気にかけてくれてて、「諸々の不具合が緩やかに進行してる」状態や何かやを聞いてもらう。チチよりあたしのことが心配だ、とゆーので『それよりハハが大変なのだ』とぼやく。っとにねぇ…あたしよりハハなんだよね、大変なのは。もーちょっとうまい具合に助けられたらいいのだけど。

夜は「豆本付き革しおり」の制作。何せ6枚作った「豆本付き革しおり付きクリスマスカード」(長い…)、目の前で2枚売っちゃったからねぇ。まだ10日もあるのに残り4枚じゃちょっとさみしーじゃん。(これ、80円で郵送できるスグレ物なんよ) てことで作ってたんだけど、作りながらふと、今日って年賀状印刷(リョーシンの分)する予定じゃなかったっけ、こんなことしてていーんだっけ、と思い、明後日、そば屋の前にちょっと立ち寄って納品しよーと思ってたけどもしかして休廊日?と確認したらビンゴで、あたしってマヌケ…とがっくし。作る気がなくなって借りたマンガ、山下和美の『摩天楼バーディ』を読んでましたとさ。はーあ、いろいろ半端なままそば屋2連休を終えてしまったわ。
[PR]
by yukimaru156 | 2012-12-17 01:35 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156