なぜどじょう? と腰痛再び と『イエスのビデオ』

どういういきさつでかは知らないが、YGンちではエビを飼い始めたそーだ。(あたしも飼ってたことがあるのだけど、かあいいんだよね~。水槽がキレイになるしさ) ただ、YGが欲しかったのはエビではなくドジョウ。どじょおぉ~?と思わず叫んでしまった。よりによって何でどぜうを欲しがるのかなぁ…?ママは『絶対反対!』で(あたしもわかる気がする)、オトート1号は苦肉の策だか何だか知らないが『2ヶ月間きっちりエビの世話をしたら飼ってやる』と言い、以来YGは毎日せっせと世話をしてるらしい。
どじょうを飼うと聞いて、水槽の中をうにょうにょと這うどじょうを想像したのだけど、観賞用(?)だか何だか、12、3センチくらいのがいるらしいね。ちなみにエサは熱帯魚用でいいそーだ。ふーん、そーなんだー。ただ「エビと同じ水槽には入れられない」とゆーことで、諦めさせることが出来るのかどうか…しかし熱帯魚ではなくどじょうを欲しがるってのは何なんだろな、いったい。相変わらずやっぱりちょっとどつか妙なヤツだ、YGって。

昨年の秋あたりからちょっと腰がまた痛くなって、ヘルニアになりかけたこともあるから“これは季節の変わり目だからかな”と思ってたら、それが年末まで尾を引いてて、“ちょっと腹筋でも鍛えるかな”と思い、正月から始めよう!と思ったのを今日思い出した…ダメじゃん、あたし。ま、それから悪化してないのでいっかと思ってたらまた復活…何だ、原因はそば屋なんじゃんか。さっさと辞めちまおう、ホントに。そもそも5年半なんて長くいすぎだよな。

年末年始とずっと新聞を読んでなかったのでまとめ読み。机周辺をささっと片付けて、買ってきた児童書でも読むかなと思ったらそば屋の時間となってしまった。
今日が仕事始めの人も多いのかなと思ってたんだけど、意外にヒマで(昨日はさらにヒマだったらしいけど)、ラクちんだった。にも関わらず、腰が痛いってのはなぁ…今日はそんなに重いモノ持ってないのに。

先日、やーっと、オトート1号から借りてた『イエスのビデオ』を読了した。ちょっと珍しい(?)ドイツのSFで、イスラエルの発掘現場で2千年以上前のソニーのビデオカメラの取り扱い説明書が発見される、て話。当然その時代にビデオカメラなんてのは存在しないわけで、でもこの取り説は2千年経過してる。推測されるのはひとつ、「現代人がビデオを持ってタイムマシンで2千年前を旅行した」だ。ビデオの取り説があるなら本体もあってしかるべきで、もしかしたらそこには当時のイエスが写っているかもしれない。(どーもいきなりイエスまで飛躍してる気がするのだけど) そもそもイエスという男は存在したのか?敬虔な信者であれば「イエス」なんだろーけど、そうでない人にとってはマユツバとゆーより、どっちでもいい、みたいな感じなのかな。読んでてちょっとおもしろいとゆーか、へへーと思ったのが、彼がいたとされる時代、既に「紙に記録を残す」ということは行われていて、公式記録として処刑や処罰に関してもちゃんと残っているにもかかわらず、注目を集めたであろう、イエス・キリストについての記述はどこにもない、という話。処刑に関することはおろか、民衆を扇動したとか、各地で奇跡を行ったという記録もない。となるとやっぱり「イエスは偶像であって実在しない」という説にも説得力がある気がするね。

この、存在するのかどうかも怪しいビデオを巡る、発掘者たちや資金を出してる資産家、そしてバチカンとの攻防はそれなりにおもしろかったけど、ちょっと読んでてくたびれたな。上下巻とゆーのもだけど、秋からこっち、忙しすぎて間が空いてしまった、てのもあるかもしれない。

さーて、借りてる『帝都物語』に突入するかー、と思いつつも、なぜか手にしたのが乙一の『ZOO』…2013年最初の本がこれってどーよ?ちょっと選択を間違えたかもしれない。この人のは(語り口は穏やかなのに)リアルに想像すると寒気がするんだよねぇ。さらっと読まないとね、さらっと。
[PR]
by yukimaru156 | 2013-01-05 01:58 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156