洋封筒と角底封筒 と駅弁のしめ鯖姿寿司

ちょっと前から頭の片隅にあって、忘れないうちにちゃんと書いておかねば!と思ってた豆本用の文章をメモ書き…忘れてる…うぅっ、何てこと!だから「忘れないうちに」と思ってたのに!やっと前後の文章がつながった!と思ったのにぃ~しくしく。いちお書いたのだけど、どー考えても“こないだふと思いついた文章の方が格段によかった気がする…”で、少々凹んだ。いったい何のために日頃メモ帳とペンを持参してるんだか。

今日はちぎり屋の仕事するぞ!と勢い込んではいたものの、さてどーしよう、と思うときは「封筒作り」に限る。いくつあってもよいモノだし、そのくせいつのまにかなくなってるモノだし。在庫が手薄になってきてたのでちょーどいい。カレンダーの日付部分を切り離して何枚か作り、外国語雑誌のページでさらに封筒を…のはすが、いつのまにやら「角底封筒」に…なぜだ?いや、いーんだけどさ。でもこれはカード用に使えるわけではないし、販売用でもないので「販売品を入れるため」でしか通用しないよなぁ。(売れるんなら売るけどさー) 
福袋「豆福」を作ったときと似たようなサイズなんだけど、当時(たかが半月前)よりずっと上手く早く作れるよーになった。あ、ここを折っておけば仕上がりがキレイになるんだ!みたいなことに気づいて嬉しくなってさらに作っちゃったりしてね。ひたすら無心に作ってて、気がつくと30枚ばかり出来てた…何だかなぁ。きっちり採寸して作ってるわけではないので、マチの大きさも幅もばらばら。こりゃホントに「販売品を入れるため」にしか使えないかな。ま、くりんくるあたりを入れるにはちょうどいいか。「for 3.11」でも他の作家さん作品用に使えるといーんだけど。

今夜はハハが(近場で同窓会幹事会が開かれるとゆーので)不在だから、あたしが何か作らねばと思ってたら、ハハが『駅弁大会をやってるので何か選んで』と言うから、お言葉に甘えてチラシを検討した。すごいいっぱいあって、どれもえらく美味しそうで、しかもどれもえらく高い…ホントにこれ駅弁として売ってるのか?みたいな。ま、車両内でなら、旅情にひたれる分、高くはないのかもしれないけどね。
そもそも百貨店で催されるこの駅弁大会、あたしも何度か頼まれて行ったことがあるけど、もーめっちゃ混みなんだよねぇ。どこも人、人、人で、行列。どの駅弁でもいーやと思って『並ばないで買えるヤツ』と所望したら、エリア目指して進むのだから番号を言えという。それもそーか。てことで2つ3つ候補を挙げ、さっと買えるのでいいからね、と念を押したのだけど、やっぱり結構並んでしまったらしい。
『だって並んでないところなんてないのよ!最初に言われたのは売り切れだったし、これだって最後の1個だったんだからー』
そーでしたか、すみません。こんな平日で、しかも会期の中盤というのにまだそんなに混んでるとはなぁ。で、食べた「釜揚げしらす弁当」、美味でしたが、フツーにしらす弁当(とオカズ少々)で、これで1000円~?て感じでした。それよりチチの「しめ鯖姿寿司」がすごかった!鯖1匹まるまるがでんとあって、その下に酢飯がたっぷり。しめ鯖ってどーしてこんなに美味いんでしょ。こないだ居酒屋で食べたときはみんなで『この鯖、〆てないよね?』とブーイングだったんだけど、これは美味かった。高知産、だったかな。鯖も新鮮でキレイでねぇ。チチと2人で食べても食べきれないで頭の方が残ってるんだけど、このしめ鯖、目玉は食べられるのかしらん…?焼いたり煮たりした魚の目玉はすごく好きなんだけど、しめ鯖の目玉は食べたことない。ので明日、昼食にいただきますとも!
[PR]
Commented at 2013-01-18 10:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by yukimaru156 | 2013-01-18 01:22 | そんな1日 | Comments(1)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156