鼻歌と地震 と雪丸の有休

ちょい前に地震でしたね…いくつくらいなのかな、と思うと同時に、先日聞いた話を思い出してしまった。

友人の隣のうちに知的障害児(じゃないか、もう青年で働いてると言ってた)がいて、普段はすごく大人しいのに、ある日突然歌ったりする。そして、そのあとは「必ず地震がある」そーなのだ。ちょっと鼻歌くらいのときもあれば、大声で歌うときもあり、鼻歌のときは震度1くらい。直後に、てわけではないみたいなのでこれまで気づかなかったらしいのだけど、彼女のうちでは『彼が歌うと地震がくる』が定説になってるらしい。もしかして震災のときすごかった?と尋ねると、
『お風呂ですごい声出して歌ってて、お母さんの「やめなさい、いい加減にしなさい!」と怒る声も聞こえるほど。あとでお母さんが近所に謝って廻ってたので「いいんですよ、ご機嫌でしたねー」とか言ってたんだけど、翌日にあの地震』
……いやはやびっくり。「わかって」るんだよね、これは。理由はもちろんわからないし、彼も伝えられはしないけども。動物が感知する話はよく聞くけど、人にもそういう能力があるのだなぁ。ある人にはある、ということか。

モビールはひとまず置いといて、モビールを飾るための植木鉢台(太めのワイヤーが円柱になってるヤツ)に、えーと何だっけ、フラワーアレンジ用の緑色のテープを巻きつけたり、参加作家さんが確定したので、彼女らのネームプレートを作ったりしてた。(つか、まだ作れてないのだけど) どーも諸々の作業の進行具合がよろしくないのは、自分の中に「そして自分は何を作るのか」という迷いがあるせいだなと思う。告知板の言葉をどこにどうしようとか、それとは別にこんなの作ってみるかなとか、さらし絵を巻再度(再再度?)登場させるかどーか、とかとか。

本日はそば屋。10月に有休の確認をお願いしたのだけど、その回答がやーっと届いた。恐るべき遅さ!確認するだけで何でこんなに時間かかったんだか担当(本社)に訊いてみたい。が、それよりもさらに驚く事実が発覚した。
あたしの有休は10日間。そして有効期限は「2011年2月24日から2013年2月23日まで」なのだ!!!てことはあと20日あまりのうちに10日間分を申請しなくては「チャラ」になってしまう…何だよ、それ!パートには有休なんてないのだと思ってたから(だって誰もあるなんて言わなかったし)、有休がちゃんと発生して、かつ「期限切れ」で消滅してたなんて思ったこともなかったんだけど、こりゃマジでむかつくわ。いままで何日無駄にしてしまったんだ?!これで10日間申請して却下されよーモノなら「あたしに落ち度はない、申請書をちゃんと出さなかったあンたらが悪い」と啖呵切りに行ってやる!

ま、ともかく(たぶん)ギリで間に合うと思うので、2月は有休をきっちり取ってやるのだ、とハハに言ったらば、
『まぁ、じゃあどこへ出かけようかしらね!』
とか言い出すので慌てた。何をゆってるんだか…ともかく2月は3月シモキタ展示めがけて突っ走るだけだってば。チチに介護用ホテルへ泊まってもらってー、てのは3月の12日以降。そしたらね、とクギをさしておいた。そこでがっかりされてもねぇ…ま、3月も有休取って、以降はいくらでも付き合える…はずだけどね。「ヒマはあっても金はない」がしばらく続くのだろーなー。そこんとこ考えるとちょっとウツになるなぁ。
[PR]
by yukimaru156 | 2013-02-01 02:10 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156