朝から電卓ぱちぱち としんどかった搬出 とタロットの結果

うぅ~、疲れが全然とれてなーい!
ホントならこういう展示会のあとは「やれるだけやったわい」とココロゆくまで爆睡してるのだけど、ベットに入っても眠れず、9時にはごそごそと起き出して朝食後から電卓ぱちぱち。実は昨日の段階で「不明余剰金」てのが7千円近くあって、もーかなりの冷や汗モノだったのだ。7千円て何だよ、どんだけ間違えてんだよ!と計算を見直して、数量が確実にわかってる作家さんたちの分を引いて、ミスを発見。そんで自分の在庫確認をして相当数のミスを発見。(つまり自分が悪いんじゃん!) 販売の度にちゃんとチェックしてたつもりだけど、人さまの作品はしっかりせねば、と思うあまり、自分の分はあとまーしとゆーかどーでもいーとゆーかでこーなってしまったわけね。とほほ。

それでも余剰金が2千円ばかりあって、現在作家さんたちに確認中。7千円とかだと“もしかして5千円と1万円の釣銭を間違えてないか?!”とびびってたのだけど、2千円だったらそれはない…かなぁ。と思ってるんだけどどーでしょ。だといいんだけど。

夕方になる頃にはくたびれ果てて、珈琲と借りたマンガ『俺物語』を読む。いやぁ、少女マンガにあるまじき主人公なんだけど、でもって「どってことないっちゃーない」話ではあるのだけど、楽しめるわぁ。砂クン、シアワセになって欲しいなぁ。続けてさらに別の真逆のマンガ『寄生獣』を読みたかったのだけど、そこまで体力は快復しておらず断念。
しっかし搬出日に持ってくるか、全10巻!深夜1時にチャリで大荷物4個はさすがに息切れしたぞ。坂なんか降りて押そうかと思ったくらい。(降りずに踏ん張ってがんばったけどさー) あの距離が最後のダメ出し?みたいな感じだったね。ぜーはーしちゃったし。おまけに帰宅したらハハが心配で眠れないでおろおろしてるしさ。

そーそ、昨夜の打ち上げで参加してないけど合流してくれたST夫妻のNKさんが実はタロットが出来るとゆーので、ちょっと占ってもらった。レンアイかシゴトかどっちを見るか、とゆーので迷わず「オトコ」と言ったのだけど、考えたら(つか考えるまでもなく)、シゴト見てもらった方がよかったんじゃないかと思う。そば屋のあとどーするのがいいか、とかね。
で、その「オトコ」つーかレンアイに関してだけど、『それが出来るならくろーしてないよぅ』と思わず唸ってしまう結果で、NKさんも『…だよね…』とひとこと。あたしはどーも「抑制力が強い」そーなのだけど、それはまぁ、わかってた。以前、夢判断の話で『あたしはまったく見てないか、全然覚えてないかなのだ』と言ったらば、『それは自己抑制力が強いからだ』と言われたことがあるんよ。それで何となく“あーそーだな”と納得してしまった部分がでかいのね。
『雪丸ってしっかりしてるから』
『いや、してないんだけど』
『隙もないし』
『いやあるって』
『でもそう見られてる、てことだからさ』
『………』
だから隙を見せたらってことなんだけど…』
で、『それが出来るなら!』『だよね~』となったってワケ。う~ん。やっぱシゴトを見てもらうんだった。ちなみに見料は、ちょいモメたあと「寄付金にする」てことで合意されました。ので、ここでまた改めて報告するけど、支援金を送るときに一緒させてもらいます。次回は仕事を見てもらおっと。どー出るのかなぁ~。
[PR]
by yukimaru156 | 2013-03-13 01:25 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156