存在感ありすぎの姿見 

届いた姿見は、幅45、奥行き45、高さ180…くらいの組み立て式。組み立てるには「それなりに広い場所」が必要で、まずはその確保。これまで使ってた姿見(上15センチくらいで割れてて補整してある。ちなみにあたしがではなく、オトート1号か2号が使ってたモノ)は、横から見るとA型とゆーか、開いて立てるモノだったのだけど、これは後ろがハンガーになってる、回転式。

組み立て所要時間30分、とあってそれに偽りなく30分で組み立てることはできたのだけど、わーっかりづらい取り説に呆れてしまった。完成形がわかってるから組み立てられたよーなモンで、でなければわからなかったかもしれない。そもそも「仮止め」てのは「軽く止めておくこと」じゃない?仮止めのあとに「ちゃんと締める」とはどこにもないから、このとーりだとホントにただの「仮止め」で危ないじゃん。仮止めにしておく必要はないので、「ちゃんと締める」でいーのにな。

で、30分後に完成したわけだけど、いやはや何とゆーか…存在感ありすぎ。でーん、とね。すごくでかいってわけでもないんだけど、奥行きがあるせいか、窓際に置いてやおくとやけに出張って見えるのね。う~ん…これはやっぱり場所を考えなくては。そもそもここにあってもハンガーは使えないし。

ちょっと夕飯の買い物に出た。近所の鶏屋の焼き鳥にしよう、もうすぐポイントカードが溜まるから、てことだったのだけど、お休みだった。何かヤ~な予感がする。日曜休みってなかったと思うし、そもそも「定休日」の看板も何もないし。あと1000円分買ったらポイント台紙が満杯になって、500円分のトリが買えるんだけど。これで「閉店」とかなったらまるっきり無駄じゃん!そーでないことを祈るばかりだ。

姿見は箪笥の隣かなー、でもそこにはごっちゃりといろんなモノ(主に紙類)があるんだよなぁ~、てことでまずはここを整理しなくてはならない。つーか、捨てたい。そば屋を辞めてからしばらくの間は「家具の移動を伴う大掃除月間」とする予定なのだけど、「どこまで捨てられるのか」が最大の肝。できるのかなぁ~、見ると“〇〇とかに使えるかも…”とかってのがやたらとあるんだよねぇ。そんでもってたまに使ったりするんだよねぇ。今回の姿見だって、縦長の発砲スチロール2枚にはさまれて頑丈に梱包されてきたのだけど、このスチロールだって捨てられない…何に使うというのは(いまのところ)ないのだけど、買おうとしたら高くつくし。そもそもないならないで「何を作る」という発想そのものが生まれない。と思うんだよね、あたしは。あるからこそ、“そーだ、こんなの作ってみるかな”と思えるのよ。キレイなチラシを見て“捨てるのは惜しいな、何か使えないかな”と思ったからこそ、いまの「ちぎり屋」があるわけだし。

まぁ、それは置いといて、チラシ箱を入れてる棚(3段のカラーボックスみたいなの)を、姿見の場所を空けるために横にしてみた。それまでずっと「棚の中は正方形」と思ってたんだけど、2センチ違うことに気づいた。入ってたチラシ箱が入らない!うぅ~。これは箱を変えることで何とかなるだろーけど、やっぱりちょっとしっくりいかないかなぁ…いろいろメンドになってきたので、本日の作業はおしまい。この「大掃除」、1週間どころではなく、もっと長いスパンで考えてるので、焦らずじっくりいくわ。また腰痛めるわけにもいかないしね。
[PR]
by yukimaru156 | 2013-04-01 00:58 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156