夏みかん狩り と星新一とルパンとホームズ

ホントは葉山のねこ美術館へ友人と一緒に行く予定だったのだけど、「今年最大の暴風雨」とか言うので延期にした。作品納品してるくせに、でもって毎月がんばって被災地への絵本送ってるくせに、まだ1度も行ったことがないのでちょっと楽しみにしてたんだけどね。御用邸の近くで公園も近いということで、ここは「ピクニック気分」で行きたいと思ってたから、やっぱり天気のいい日がいいしさ。

ま、延期になったことでYGらとちょっと遊べたし、よかったかなとも思う。午前中のうちはまだ降ってなくて、近所の、いつも夏みかんを取らせてもらってるおうちへみんなで訪ねる。事前に「ください」と言ってたので了解を得てのみかん狩り。ワンコの福゜も一緒。なーんでこんな近くなのに尻尾が情けないほど垂れてしまうんだか不思議。平気な顔しててもびびりなんだよねぇ~。
夏みかんの木は相当でかくなってて、当然のように上になってる夏みかんの方が美味しそうなんだけど、高枝ばさみでも届かない。とりあえずその近くはオトート1号に任せて、30個ばかりもらったのかなぁ。数えてないのでわかんないけど。食べてマーマレードにしてまだ余る数、ではあるね。あと金柑ももらった。こちらも甘くて美味しいのだ。ちょっと青臭いとこもあったけど。

その後YGらはママの実家へ行って、福゜はお留守番。以前はこゆとき“何でボクを連れてってくれないの?!”てな哀愁漂う顔で吠えて見送ってたのだけど、最近は“しょーがねーなー、またばぁばたちと留守番かよぅ~”てなモンで、競馬観戦してるじぃじやばぁばと大人しくしてた。特にじぃじの膝上は寝心地がいいらしい。滅多なことでは動かないもんな。
その間、あたしは姿見の後ろ(ハンガーとさらにその後ろ)に、何をどう収納するかでずっとがさごそしてた。主にカバン、バック類。支柱にフックがついてるのはいいんだけど、このフック全部にカバンをぶら下げると「姿見が廻らない」ということが判明し、あっちやったりこっちやったりしばし悪戦苦闘。あー、こんなの持ってたなぁ~てのがいっぱいで、捨てる、とゆーよりは「バザー用」として選り分けるつもりだけど、それはまたちょっと後回し、ということにする。それ始めたらホントに終わらなくなるからさー。いや、イイワケもあるんだけども。

夕飯はみんなでどっかへ食べに行こう、という話ではあったのだけど、これから雨がすごい、てことで残念ながら見送り、かといって何かを作る、てのもまたメンドなのであたしが買い物に走った。雨はもう降り始めてたけど、まだチャリで動ける程度だったしね。風も思ったほど強くなかったし。
これからすごいのかなぁ、雨漏りしちゃうかなぁ~と思ってたんだけど、えーと、いま午前2時過ぎ、か。何か静かになったな…もっとすごいのが来るんだと思ってたけど。

掃除ついでに1号の本棚もちょっと整理してて、いまYGがメチャハマってる星新一の文庫を数冊見つける。あたしはそんなにハマった記憶はなくて、これは1号と2号の本。あとであげたらすごく喜んでた。確か1号2号がハマってたのもいまのYGの年くらいだと思うから、この年代にはツボなのかな。その頃あたしがハマってたのはルバンとホームズで、それらも数冊づつあった。全巻揃ってたけど、本棚がいっぱいになったので「それほどおもしろくもなかったな」と思う本はみんなあげるか売るかしたんだったな。てことで、あったのは合わせて15、6冊ほど。「奇岩城」とか「8・1・3の謎」、「バスカビルの魔犬」「まだらの紐」等々。初版が昭和38年、第6版で昭和46年とか、そんな感じ。いやぁー、懐かしい~!思ってたより文字が小さくて、いまの本て(大人向けの文庫でも)字が大きいんだなーと改めて思う。現代人はどんどん目が悪くなってるってことにもなるんじゃないのかねぇ。実際そーだと思うし。11、2歳でこの字を読んでたのかー、とか思ったりした。ルビがふってあるので子供でも読めるけど、字の大きさとしてはホントにちっさいのよね。再読したいなとも思ったんだけど、YGがちょうど興味を示し始めて、先日ルパンの1冊目を図書館で借りた、というので見せたら、この「古さ」もまたツボった(?)らしく、全部持ち帰ると言う。よかったわ、とっておいて。このシリーズで怪人20面相もみんなあったはずなんだけど、これはみんな売ってしまったんだよなぁ。そのときおもしろいと思ったモノだけでもとっておけばよかったかな。あの挿絵が、当時はあまり好きではなくて、それもあって売ってしまったのだけど。

嵐は去ったのかしらん…とりあえず現時点では雨漏りしてないのでよかった。明日、晴れたら布団干したいなぁ。ここ数日の掃除でベットカバーかけててもホコリだらけな気分だし。
[PR]
by yukimaru156 | 2013-04-07 02:30 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156