タヌキ出没! とニンテー日 とカシメ

雪丸ンちは、こー言っちゃ何だが都心にある。割と便利なところにあると思ってる。閑静だけど人も家もそれなりに多いし、商店街もまぁにぎやかな方だ。

  んが。タヌキがいるらしい。

昨夜遅く、向いのアパートのパパが深夜に外にいたら(彼はホタル族なのだ。そば屋の帰りとかにもよく会って挨拶したりした)、ウチの玄関先からひゅっと出てきたそーだ。びっくりして『しっ!』と言ったら、すたすたと逃げてったらしい。今日、ハハに報告してくれてた。昨年出没したハクビシンの見間違いでは?と思ったんだけど、猫よりやや大きめのタヌキ、だったんだそーで、何でタヌキかわかったかとゆーと『昔、実家(広島)の隣の家がタヌキを飼ってたから顔はわかる』のだそーだ。
ウチに住んでるわけではなくて(いくら何でもタヌキの居住スペースはない)、ちょーどそのあたりをうろうろしてた、てことらしいのだけど、ハハがそのアパートの大家サンに言ったら
『あら、ご存知なかったんですか、いるんですよ、このあたり』
……いるのか、タヌキ。すごいな。よく生活できてるな。雑食性だとは知ってたけど、都会のど真ん中でも生きてけるんだなぁ~。1匹かなぁ。番い相手を見つけるのは大変そーだなぁ。にしてもどこに住んでるんだろ。ハクビシンはどーやらあそこ、てのがわかってるんだけど。(しかも親子で) ともかくがんばれ、タヌキ。

さて、本日は引きこもり制作…てわけにはいかなくて、失業保険のニンテー日なので渋谷まで。受付け時間が4時なので、それまでは作ってたけどね。
4時ちょーどに着いたら、廊下にまで人が溢れててこりゃダメだ、書類提出してすぐ帰宅、なんて無理だなぁ~と諦めた。ともかく待つしかない。軽く1時間は越えそうだなーと思ってたんだけど、50分で済んだ。似たよーなもんか。

で、ヘアゴムを留めるのに必要な金具のカシメを買いに原宿に出るかはんずに行くか、でしばし迷ったのだけど、5時になってしまったのではんずへてくてく。カシメってアクセサリーパーツかと思ったらクラフトのところへと言われ、そっちで案内されたのがどーもあたしが思う形のパーツではなくて(何つーか、革製品を留めるビスみたいなの)、「これをこーしたいのだ」と伝えたらアクセパーツのところへと言われる。何だよぅ、もう。しかし形としては全然違うのにどちらも「カシメ」と呼ぶのはおかしーんじゃないのかねぇ。(話それるけど、アクセパーツの呼称って店によって違ったりするよね。「ナスカン」と「カニカン」とかさ、店によって逆だったり) 
おぉ、これこれー、と思ったら2個入りが1個しかなくて、店員に謝られてもどーしよーもなく、しばし黙考。12、3個はあるヘアゴムのうちの2つばかりに付けたところで返っておかしい気もして、結局買わなかった。2個84円だったしさー。アクセパーツ屋で買えばいくらになるのか知らないけど、ちと高いやね。

昨日の防水ニスミスを屈辱的に思い出しつつ防水ニスを買い、100均に寄り道したりして(「せりあ」を見つけると“もしかしてキラキラムックがいるかも!”とつい期待してしまうのだけど、なかった…あったのはあたしも持ってるレジャーシートだけだった。くすん)、帰宅は7時。それからせっせとヘアゴムの先の始末をした。はんずの売り場に「ゴムがほどけない結び方」てのが紹介されてて、あ、これって船員とかがやるやり方だよな、と納得して早速試す。なるほどいくら引っ張っても外れない。このあとテグスで固定して、全部仕上げたら11時近くになってた…うぅっ、まだまだやることあるのにぃ~!
作り物は(まだまだやりたいけど)ひとまず置いて、明日は先に梱包してしまおう。震災支援くじ、できるかなぁ…不安だ。
[PR]
by yukimaru156 | 2013-05-03 00:59 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156