フトコロ痛めどココロは軽く

ちょびっとだけいつもより早起きしてお掃除。おお掃除ではなくお掃除。作品もとりあえず「あるべき場所」に移し、厚手の綿のジャケットを洗ってブーツを干してもまだ午前中。素敵だ。で、それからハハと近所のぶてっくへ行った。

いやぁ~、実はこの週末、高校卒業して初めての同窓会ってヤツなんだけど、その前にガッコで75周年?だったかの式典もあって、軽~いノリで『うん、出るよー』とか言っちゃったんだよねぇ…いや、行くこと自体は別に苦でも何でもないんだけど、何が困ったって

  着てく服がない!!!

ないのだ、ホントに。同窓会だけならまだしも、式典であんまりカジュアルはよろしくないよなーとか、そもそもこの妙に薄ら寒いよーな(今夜も寒い…明日は旭川は朝が零度以下なんだそーだ。5月になってそれって初めてらしい)、あったかいんだかそーでもないんだかよくわからない天気では、ホントに何を着たらいいのかわからないじゃん。あたしらの年代だと、既にお子さんのいる方は入学式だ卒業式だ謝恩会だってんでそれなりの服を持ってるだろーし、未婚でもぱりばり仕事してる人もやっぱりそれなりの格好の1つ2つは持ってるだろーと思うけど、「作家だけど無職」なあたしが持ってるのってホントにどーでもいいよーな、スカートあればOK?程度なんだよぅ。そのスカートだってせいぜい2、3千円のモノだしさー。とてもじゃないけど「式典に着てく服」たー言えない。う~う~唸って、ハハが『デパートにでも行く?』と誘ってくれたんだけど、そこまでするのもなぁ~みたいな気分でさ。

なので、近所のたまぁ~に服やスカートを買ったりする店をまず覗いてみることにする。何が欲しいとか、どんなのがイイとかもなくて、行って、見て、よければ、な感じで。
全体に小洒落たオバサン仕様な服が多いのだけど(あたしもそゆトシだけどさー)、たまにちょっとおもしろいデザインのスカートとかあったりするんだよね。そんで、ワンピか何か、と思ってたらちょっと変わったシャツがあって(襟にワイヤーが入ってて好きにアレンジできるのだ)、色も先日買った水色の靴に合ってるので即決。お値段にーきゅっぱ。(298円じゃないぞー) スカートは持ってるアレでいいよねー、てことにして無事解決。よかったよかった。どんだけ出費することになるんだ?と実はちょっとヒヤヒヤしてたのだ。

1駅ぷらぷらと歩いて、ランチはバーガーきんぐ。なぜかすごぉ~く食べたくなって、ハハが快諾してくれたのでね。ポテトとドリンク付きで790円。ボリュームあって満足。
去年だったかこの近くにカバン屋が出来たんだよー、と言って案内すると、カバンが少なくなってアクセが増えてちょっとがっかり。店主は変わってなかったけど。(以前はもっとカバンがいっぱいありましたよね、と言ったら何だかやけに嬉しそうだった。ちょっとづつ変わって、いまはアクセと服も増やした、と言うのだけど前の方が楽しめたなぁ) 特に欲しいモノはなくてうろうろきょろきょろしてるうちにハハが欲しいバックを見つけ、店主と話し込んでた。つい先日買ったばかりなのよぅ、と言いつつも欲しそーな顔してる。値札を見たら3150円だったので、ハハの日のプレゼントにするよ、と買ってあげた。すっげー喜ばれた。こっちも予算内で安くすんでよかった。あたしもハハも欲しいモノを手にいれてほくほくだ。

何だかんだ言って、買い物ってやつはやっぱり気が晴れるしいいモンだな、と思ったりした。そりゃフトコロは痛むけどさ、ココロはちょっと軽くなるとゆーかね。どちらもブランド物ではないけど、素敵なことにあたしもハハもそゆとこには関心がないので。キライってわけじゃなくてね、気に入ればそれでよし、なのよ。
帰宅してちょこっと制作して、余計なこと思いついて明日は続行。吉祥寺、西荻と出かけるので、間に合うかどーか…ちーとばかし微妙かなぁ。
[PR]
by yukimaru156 | 2013-05-08 00:54 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156