ハンドルで顎強打 と20年前のミュージックテープとビデオテープ

古着回収に持ってく荷物は3つ。2度の往復で済むかなーと思ったんだけど、やっぱりそれはちと無理があったので1つづつ持ってくことにした。チャリで。カゴには当然入らないので、載せて手で押さえて。2度目の一番でかい荷物のとき、T字路で車とぶつかりそーになり、ハンドルを切って何とかよけたものの、玄関先の縁石に乗り上げ、そこに置かれていたカン・ビンゴミ(の回収日なのだ)に後輪が引っ掛かり、横転した。チャリが倒れるときにハンドルで顎を強打したものの、他に外傷はなさそだと思いつつ『痛って~っ!』と顎に手をやった。ふと見た掌は真っ赤だった。

 「痛い」より「やべぇ」、という状態だった。

車は停止したくせに、誰も出てくる気配を見せずに発車し、振り返ったときにはもーいなかった。そんなことより顎だ。出血が止まる気配がなく、荷物をほっておくこともできずにウチへ引き返す。顎が真っ赤、てほどではないのだけど、洗っても洗っても血が噴出してくる。顎というより下顎、というのがまだちょっと幸い、かなぁ。バンソーコー貼ってもすぐダメになってしまい、ラチがあかない。あと2回、どーにかして荷物を時間内に運んでしまわないといけない。しかも最後の荷物のあとはそのまま夕飯の買い物をしてこないといけない。焦りつつ、適当なとこで見切りをつけて、顎のバンソーコーを気にしつつさらに2往復してさっさと買い物して帰宅した。フツーの絆創膏ではちょっと小さすぎるのだけど、これしかないのでしょーがない。その後も何度も替えたので、結局10枚以上消費したことになる。うぅ~、出血は止まったけど、その後どーなるのか不安だ…正面から見たらそんなに目立たないかもだけど、ちょっと顔をあげたら見えるんだろなぁ。
しかしまいった…食事するときも結構痛い。打ったのは顎だけど、歯にまで響くとゆーか、ちゃんと咀嚼ができないのだ。何かついでに虫歯が悪化したよーな気分。何なんだよ、このついてなさは!

夜、急遽オトート1号と甥のYGが泊まりに来ることになって(ママは実家にお泊り。フーフゲンカではありません)、どーしよーかなーと思ってたんだけど、予定通り「納戸の棚の中身(オトート1号の本と私物)を出して棚を移動させた。いやはやばっちかった…あれもこれもホコリまみれでさー。
このダンボールは何だろう、と思って開けたら、びっしりと彼のミュージックテープ。捨てるしかないのだけど、彼はインデックスに凝るので見た目はキレイだからちょっと惜しい気もする。ので、彼に見せてから処分することにした。
夜、やって来た彼と廊下でテープを眺め、ついでに彼が引っ越すときに置いてったCDを眺め、ビデオテープを眺める。こっちの背表紙も「映画で使ってたロゴの字体を真似て書く」という凝りようで、やっぱちょっと捨てるには惜しかったりもする。もっとも、テープにカビが生えて白いのもあって、それはもうゴミ袋直行、なんだけど。
で、1号が『S・キューブリックの「博士の異常な愛情」がどっかにあるはずだ、ちょっと観たくなった』と言い、あっちの箱、こっちの棚、と探して見事発掘した。「ちゃんと映るのかどうか」を確認したくて、結局みんなが寝静まった深夜1時過ぎに鑑賞する羽目に。かれこれ20年以上は経ってるテープだけど意外にも状態は悪くなくて、睡魔と闘いつつも90分観てしまった…おかげでこんな時間だ。ふぅ~、やれやれ。(どーせ観るなら違うのが観たかったなぁ。これ、映画館で観たとき寝ちゃったくせに内容はよく覚えてたし)

でもこんな昔のビデオでもちゃんと観れる、とゆーことがわかったので、だったらも一度観たいのがあるよな、と欲も出る。ミュージックテープは、コンポの方がダメで聴けなかったのだけど。ちょっと前に聴いたとき(3年くらい前?)は、聴けたんだけどなぁ。でもテープの再生だけだったら3000円くらいでコンポが買えるんだよねぇ。CD買い直したいと思うほどではないけど、聴いてみたいのは結構ある。1号はスネークマンショウの「増殖」を見て狂喜してたし。あたしは…何かなぁ。

ともかく眠いのでもー寝る。明日、顎が腫れてないといいのだけど。
[PR]
by yukimaru156 | 2013-05-26 03:36 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156