アタッシュケースの番号 と15年分の領収書の山を捨てる

こないだゴミで出した1000~2000ピースのジグゾーパズルが「粗大ゴミシール」を貼られて収集を拒否られてしまったので、その解体作業。そーいや以前出したときもこうやって解体したよなー、と思いつつ。N.Yの摩天楼とかゴールデンゲートブリッジとか、見てると“ここんとこ苦労したよなー”とか思い出す。ネジが錆びついててやりづらかったりもしたけど、ガムテでぐるぐる巻きにしたりして、無事45リットル袋に収めることが出来た。
もーないだろと思ってたカバンがまた出てきたりして(しかも新品)、ったく何だってこのウチはこんなにカバンが多いんだろかと思う。カバンだけじゃないけどさー。棚と棚の間にビニール袋があって、こりゃ何だと開けたらちょっと立派なビジネスバックで、でも誰がいつどーしたのか知る者がいないという…何ですかね、このパターンは。

そーそ、天袋から出てきたアタッシュケース、3桁の番号がわからないので開けられず、先日来たYGに『もし中に札束が入ってたら全部キミのものだ!』と焚きつけて開けさせようとしたのだけど、彼は『やったー!』と嬉々として挑戦するも10分足らずで投げ出してしまい、『カラなんじゃないの~?』。ちっ、見破られてたか。
十中八九何も入ってないのだけど、開けずにはいられないで「000」から「999」まで地道にダイヤルした。親指が痛くなった。暗証番号とかって「4桁より3桁の方が推測されにくい」そうだけど、その通りかもしれないな、と思う。とは言え、いざ開いてみるとハハと『ウチで3桁を設定するとしたらこの数字しかないよね』て数で、なぜまず思いつかなかったんだろな、とちょっと悔しかった。当然のよーに中はカラに近かった(ハンカチとティッシュとなぜか乾電池)。

ここんとこずっと掃除ネタで申し訳ないけど、一時はずっとそば屋ネタだったわけだから、「そういうブログ」てことでご容赦くださいまし。「ちぎり屋さゆき」としてのネタを期待される方もいっぱいだと思うけどねぇ…そこんとこは「いや、これは雪丸のブログなんで」ってことで。でもすみませんです。
3月にいっぱい使ったはずの梱包材もまだまだあって、その仕分けしたり、什器をまとめたり。もーさー、こんなにいっぱいいらないよね、と思うんだけど、でも出店場所によっては使うかもなぁ~と思うとやっぱり捨てられないで、ただキレイにしただけ。
あ、でも今日はレシートをいーっぱい捨てた、遂に。何てったって98年の作家活動開始から捨ててないからね。最初の2、3年くらいはホッチキスで止めておけるくらいの分量だったけど、この10年はそんなモンじゃなくて、フレーム代だのパーツ代だのわさわさとある。“当時の値段てこんなモンだったんだよなー”と思うために残してたわけではないのだけどね。何でだろね。99年の立川グランディオからの「送金明細」とかもあって、それはちょっと懐かしかった。いまはもうとっくにないギャラリーの参加費とかね。領収書とは別にノートに(小遣い帳みたいに)書いてるから、捨ててもわかるんだけど。にしてもお店の単なるレシートって、10年経つともーほっとんど解読不能になるのねぇ。何を買ったのかよくわかんないのも結構あったわ。

あ、そう言えば、下顎のケガ。ご心配くださったみなさん、ありがたうです。大丈夫です。まだ痛いけど。フツーにしてればいいけどね、襟でも何でも触るとちょっと痛い。頬杖つけないし。1センチくらいのカサブタになってて、これが取れたらキレイになるのかどーか…どーだろなぁ。友だちから『打撲だよね、ちゃんと冷した?』とメールがきて、そーか、冷さなきゃいけなかったんだ!といまになって気づいた次第。うぅ、だからまだ腫れてるのかぁ…いまさら冷してもダメだよねぇ?うぅ~。でもこの程度で済んでラッキーだったのかもね。

いまだ「スパイダーソリティア」にハマり続けてるあたし…記事別ランキングでも常に上位にあるのだけど、今日また最高得点者のコメントが入ってた。どうしてそんなハイスコアが出せるんだ?!また始めちゃうじゃないか、ちきしゃう。
[PR]
by yukimaru156 | 2013-05-31 00:59 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156