資源ゴミをゴミにしない方法 と「はたらく魔王さま!」

いつまでもちんたら掃除してるわけにもいかないよなー、どーすんのかなーあたしー、貯金もやばいし制作もやばいし豆本もやばいし…と思いつつ、何よりやばいのは「いまだに片付いてないこと」な気がして再びオソウジ。ウチの地区は土曜が「資源ごみ」なので今日やっても出せるのは来週なんだけど、とりあえず自分の部屋の紙ゴミを、てことで。これまたどーっさりあるのよねぇ。でもって何が問題って、これらの紙ゴミは「封筒もしくは小袋用」にとっておいたモノ、てこと。カレンダーとは別よ。(手付かずのカレンダーはまだまだどっさりこと別にある) こんなにあってもしょーがないから捨てる!と思い切れればいいのだけど、あいにくそゆ性分ではない、てのが一番の問題なのかも。

チラシはチラシでまた別にあり(どんだけ分けてるんだ!)、今日まとめたのはコピー紙。原画をコピーし、そいつをカットしてファイルするので、両端が余るでしょ。残った部分はさして大きくないのだけど、でも捨てられないのでそいつをメモ用紙にすべく、適当なサイズにカットして50枚の束にして一端だけ揃えてクリップで留めてボンドで固めた。こいつが8束出来た。あんまり使わないけどねぇ。でもコピー紙ってけっこーいい紙だから捨てちゃうのはかあいそーじゃん?作りながら、こいつに表紙つけてちょいとちぎり貼ったら「震災支援くじ用」に出せるかも~とか思ってしまった。ご自由にどーぞ、ではちと惜しいけど、「何か買ってくれた方には差し上げます」でもよいかなとか。うむ。カレンダー封筒とか、そのテがよいかもしれないな。

封筒とか小袋とか、何時間でも作ってられるのはどういうわけなんだろね。前世でそゆ仕事してたんじゃないかとすら思うんだけど。
この1年くらい?ハマってるのが角底封筒で、これの何がよいかって「ゴミにならないところ」だ。封筒も小袋も、どこかしらカットするのでどーしてもゴミになる部分てのが出来るんだけど、角底封筒は(紙が四角であれば)それが出ない。よーはただの「折り紙」みたいなもんだから。これだけで売れたらいいのになぁ~。そしたら遠慮することなく(って誰に遠慮してるんだ?)、存分に嬉々としていっくらでも作るのに。ちぎり絵サービスだってしちゃうもんね。でもたぶん、封筒よりさらに「需要がない」んだよなぁ…かなし。

全然カンケイない、オタ話をちょろっと。
今季、見てるアニメの中で実は「はたらく魔王さま!」がイチ押しなんだけど(いや「進撃の巨人」もいいけどね)、かなしーことに周囲に誰も見てる人がいない…おもしろいんだけどなぁー。異世界でさんざん暴れて追い詰められて魔王が従者と逃げてきたのが現代日本。(しかも笹塚、初台界隈!) 生活のためには家賃払わないといけなくて、マグロナルドでバイトしてリーダーになって昇進して平穏に暮らしてるんだけど、同じ異世界から勇者は来るわ神官は来るわ天使は来るわで、しかもみんな魔王を倒すべくなもんだから街中でバトル全開。世界秩序を乱してんのはあんたたちやんけ!状態。平凡な日常と非凡な戦闘のギャップがよいとゆーか、降りかかる火の粉を払うだけの魔王が意外にかっちょいーので気に入ってるのだ。これってどう決着するのかなぁ。マンガは立ち読みすらしたことないけど、続くのかしら、終わるのかしらん。
[PR]
by yukimaru156 | 2013-06-23 02:15 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156