あれこれハンパなまま制作の日

昨日のブログは、書いてるうちにどーまとめるつもりだったのかわかんなくなってぐだぐだだったけど、風呂入ってからどーするつもりだったか思い出した。

 古本屋で古本が売れなくなったのなら、買取りが渋くなるのも当然だよなー
 とっとと売ってしまわんと!

てところに決着するはずだったのだ。「売る本」も溜まってくとどんどん「持ってくのがイヤになる」から、さっさとしないとね。自分のだけでなく、チチの机周りにも結構あって、いっそのこと寄付かなーと思ったり。「書斎の競馬」なんつー雑誌は果たして売れるんだか売れないんだか…あ、寄付は雑誌はダメなんだった。

片付けばっかでずーっとちぎってないので、今日は「制作の日」としてみた。6ミリのガラスタイルにちぎり貼るという、我ながらアホだなーと思うちぎりから始めて、ブランクが少々あったせいかキレイにゆかず、ミニカードに突入。指慣らし(?)が終わったところでタイルに魚だとか猫だとか貼ってみた。このサイズだとさすがに目玉は入れられないのだけどね。しっかし、こうもちっこいのを作る意味はあんだろかと思ってしまうな。柄モノのチラシを選んだところで柄かどーかなんてわかんないし。

作ってると周辺の「片付いてなささ」にうんざりしてきて、ちょっと手を休めては“ここんとこはこーかなー”とか“これを移動させて…じゃなくていっそのことみんな捨てて…”とか考えたりしてた。チラシ選別しながら選り分けたりもしてね。
そーやってちぎちぎしてる間、ハハはチチと一緒になって膨大な量のチチの私物をがんがん捨ててて、あたしもあれくらいやんなきゃダメだよなー、とちょっと反省。どーしてあたしは捨てることが出来ないんだろか。「何かに使う」と思って、実際に「使うこともある」からだろな、たぶん。期間を区切ればいーんだね、「3年以内に使わなかったら捨てる」とか。じゃなくて「そう思いつつ3年使ってないモノ」を捨てればいいのか。ふむ。出来るかなぁ~、やるなら仕事を始める前(つまりいま)、なんだけど。

そーそ、先日友人に「現在ムショクながら何とかやってます」と近況報告したらば、「ムショくらし」と読んでしまった、と書いてあった。ムショくらしか…生産的なことをやってるよーなやってないよーな、て点では似てるかもしんない。
ミニカードはカレンダー(の数字部分)で作った封筒と合わせてるのだけど、切れてたので柄入りのトレーシングペーパーで封筒を作ってみた。100均一の折り紙なので、封筒を作るには結構ぎりぎり。ストライプと水玉の2種類なんだけど、ストライプを縦縞や横縞には出来ない(その幅がない)のが残念。でもこれにカードを入れると中のちびくりたちがちょっと透けて見えて悪くないので、次回からはこれにしようかな。あと1種類くらい、違う柄のがあるといいんだけど。

今度(つかいま?)、映画で「オレはまだ本気出してないだけ」というのをやってるけど、そうイイワケして結局何ごとも成してない主人公ってちょっと身につまされる気がする。いや、本も映画も見てないんで内容はわかんないんだけどさ。毎日たらたらしちゃって、全然(何に対しても)本気だしてないよなー、自分。
[PR]
Commented at 2013-06-26 03:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by yukimaru156 | 2013-06-26 01:23 | そんな1日 | Comments(1)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156