植木屋来たる と「功殻機動隊ARICE」 と銀ブラ

朝からチチの旧友たちである植木屋サンが来てちょきちょき。1日かかるのではと思われてたけど、手馴れたモンで半日で終わった。どの植木もすっかりさっぱりして、代わりに45リットル袋が19個に!も、これだけで庭はいっぱいいっぱいで、しかも一度に全部は収集してもらえないから当分はこの状態だ。これまでの経験値によると、一度に収集してくれる植木ゴミは4つまで。週に2日しか可燃ごみの日がないので、2週間かけても片付かないことになる…ま、しゃーないやね。業者に頼むと、その分「処理代」もかかるしね。(聞いた話だと、熟練の植木屋がトラックにこの植木ゴミを積むと、ぎっちり隙間なく詰めるので荷台を外しても「その形のまま」落ちてくるらしい。すごい)

午後、ちょっと映画。観たい映画は昨日までで、今日もやってることを確認したはずなのにと思ったら時間が変わってた…ちっ。どーしよーかなーと思い、でも帰るのもシャクなので「物理学者か公安か」で「公安」にした。『攻殻機動隊 ARICE』。(ちなみに物理学者の方は『真夏の方程式』ね)
いやー、5分前に入ったわけだけど、ぎっしり満員。30代前後男女が多い感じかなぁ。
「映画観たのに何でその感想じゃないんだ?」
と思った方、すみません。何か語るのがメンドくさそーなんで。まー「語る人たちは多いに語る」映画なんだけど、いまいち好きじゃなくてさ、この作品シリーズ。何がキライってあの意味不明な「Tパック」。精鋭ではあるけどむさいおっさんたちの中でいくら義体(全身サイボーグ)とはいえ、ぽむきゅんぽむのねーちゃんがそのカッコはねーだろ、と見る度に不快なんよ。そこがよいワカモノたちもいっぱいなんだろーけど。
で、映画はどーだったかとゆーと、思ったほど悪くもなかった。公安9課(だっけ?)創設前の話で、Tバックではなく全身真っ赤なレザー。アクションもキレがいいし、内容も『イノセンス』に比べるとわかりやすい。(あれは引用台詞ばっかだったからねぇ) さすが冲方丁の脚本。親切だわ。とはいえ、どーも「電脳社会」が背景となる作品てつまるところは「ハッキング」「侵入」「記憶操作」「データ改竄」「ウィルス」以外の素地がないので、結局はどれも似たよーな話になっちまう気がするねぇ。そーいや来場するとき、「入場記念」に小冊子(漫画とインタ)をもらった。売れるんかな、これ。(ムショクが2ヶ月も続いてると思考もそっちに傾くわぁ)

と、結局あれこれ語ってしまったかな。
まーとりあえず観て、それから銀座の画廊はしご。はしご、てほどでもないな。まぁどーとゆーことはなかったので書かない。目的はこっちではなく(こっちもあったけど)、先日チチの元書斎を片付けてたら出てきた百貨店の商品券3000円をもらったので(ありがたやありがたや)、それでこないだオシャカにしたレインシューズを買おうと思ってね。松坂屋、明日までの営業だし。
混んでるだろーなと思う予想をはるかに超える混み具合だった…しかもレインシューズもブーツも完売。早々に引き上げて、ちょっくら美術品売り場へ行ってみる。何でかとゆーと、先日の新聞記事に「絵画販売が目標5億を上回り8億を越えた」とあったのでね。どんなのがあるのかちょっと覗いてみたんだけど、いっかにも百貨店らしいラインナップで、こんなもんなんだな、と思った。シャガールからミュッシャ、東山魁夷から棟方志功、みたいな。まーそれはいーんだけど、あのこましゃくれた、ちーっともかあいくないでこの広いガキの絵が何で126万もするんだろ。歌ってるひまわりも80万とか…わからん。この人たち、海外でも評価されてるけどさー、どこのどのあたりが評価されてるのか一度拝聴したいもんだ。
会場にはやたら「セール」の文字が躍ってるけど、これら100万近い絵画(もっと下ももっと上もあるけど)がどれだけ安くなってるのかは不明。つか、安くなってるのかなぁ?これは普段と変わらないんじゃないのかしらねぇ。「続々と追加している状態」とゆーから、他店から持ってきてるわけで、「在庫処分」ですらないもんな。よく売れてるってことはあべのみくす?それとも単に税金対策なんだろか。

週末のせいか銀座自体がどこも混んでて、しかも靴はないわ、本屋に欲しい本はないわでくたびれた。も少し来た甲斐があるとよかったんだけど。
[PR]
by yukimaru156 | 2013-06-30 02:14 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156