喫茶店でフレンチトースト とオリーブの実 と続・透明豆本

ウチから一番の最寄り駅近くのステンドグラス教室(ンなところがあったとは!)に、高校時代の友人が通ってるとゆーので、ちょっとお茶でもと誘って1時間ばかり会ってきた。前々から言われてたのだけど、どーもお互いの都合がつかず、せっかく近所まで来てるのになーと残念に思ってて、今日、ちょっとならってことで。ホントはどっかでランチしたかったのだけどね、お教室でお弁当食べてるみたいだし。(10時~1時までで、帰宅すると2時過ぎになるからお弁当なんだそーだ)

駅のすぐウラにちっちゃな、昔ながらの喫茶店があって、入ったことないとゆーのでそこにした。こういう、昭和の匂いがするよな喫茶店て本当になくなったよなーと思いつつ(でも逆にここは近所すぎてあまり利用してなかったりもする…)、でもここ数年でまた増えだした、というニュースを聞いてほっとしたりもしてた。どこもかしこもチェーンばっかじゃ飽きるし第一つまんないもんね。

薬膳カレーとかもあるのだけど、キホンは珈琲。古い壁掛け時計が5つも6つもあって、薄暗い店内同様落ち着く。ちょーっと冷えるのと、ちょーっと音楽が大きいのが難点なんだけど。(まー店内にあたしたちしかいないのだからひとこと言えば済むんだけどさ)
SEちゃんは珈琲とアップルパイで、あたしはフレンチトーストを頼んでみた。昔はばーちゃんが好きでよく作ってたけど、考えたらものすごぉ~く久しぶり。であることにちょっと感動しつつ食べた。ふんわかの軽い食感とほどよい甘さと熱々加減が絶妙で美味しかった。フレンチトースト、何十年ぶりかもしれない。大好きってほどでもないのだけど、たまにはいいかもなー。

SEちゃんに制作中のステンドグラスを見せてもらう。3年越しで作ってるという、クレマスス柄のランプシェードはえらく凝った作りで、こりゃ確かに3年かかるわぁ、という力作。仕上がったら灯りも素敵なんだろな。
彼女のウチにはオリーブの木があるそーで、今年初めて実をつけたらしく喜んでた。知らなかったのだけど、オリーブの実って「花が咲いてから1週間が勝負」で、この期間に「雨が降ったら実はできない」のだそーだ。そんなにデリケートとは…あんなに固い葉っぱなのにね。葉っぱは関係ないか。
『いつくらいに収穫すればいいのか、ピクルス以外にどんな料理ができるのか』
ってあたしに聞かれても困るのだけど、確かに酢漬け以外の調理(料理)を聞いたことないなぁ。ピザに乗せたり、パスタに入れたりはしてるけどね。添え物扱いだよね。ジャムとか聞いたことないし。

1時間ほどお喋りして、夕飯の買い物して帰宅。それから透明豆本の続きをやってたのだけど、試作本よりページを増やしたせいなのか、リング位置もあるのか、はたまたこの湿気のせいなのか、いまひとつイイ感じにならなくてちょびっと凹む。
そーそ、8月に個展する友人からDMが来て、ひとことコメントがついてた。

   「き、記念展示会は…?」

すみませんすみませんすみません…ここ読んでる多くの方が同様の想いをされてるのではと思うんですが、何とゆーかどーにも乗れなくて…無理矢理「乗ってしまう」ことも考えるんだけど、それでも動けなくて…ホント、申し訳ないです。ずっと頭をぐるぐるしてるんだけど、ハンパなことしても申し訳ないしねぇ。「それでもまず乗る」なのかなぁ…。
[PR]
by yukimaru156 | 2013-07-06 01:22 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156