神秘の豆本? と小さい額縁展DMきたる

いやはや日中の暑さときたら、どこが戻り梅雨?ホントに降るの?!だったですねぇ。ホントに降ったけど。悪態ついてごめんなさい、みたいな?

ま、天気に何の関わりもなく、ただひたすら製本、に明け暮れましたです。音楽とかかけたりするとメンドくさいからそゆのもヌキで。まー自宅でやってる、とゆーのは本だの珈琲だの一服だの誘惑激しいけどねぇ。
で、今日製本してたのはこれとは違うのだけど、新作豆本のひとつ、こゆのが出来ましたー。
d0078532_0295623.jpg

どっすか、いーっすか?も、自分じゃいーか悪いかわかんないんですよぅ。そもそもぜんっぜん違う装丁でやるつもりだったんで。(どんなんかはいーません。出来なかったこと書いてもこっ恥ずかしいだけだしさ) タイトルは『MONO』。「まるいもの」「しかくいもの」「はやいもの」「おそいもの」…と続いて、ラストはいつもの(?)さゆき節で〆る、とゆーか何とゆーか…つまりはいつものパターンじゃん!てヤツです、はい。こーれーもーねー、どーなんだろ。てのはもー作っちゃったから置いとくにしても、安易すぎるよね、この装丁。つか表紙。えらい時間かかってる割には「どってことないよーに見える」…いや実際「どってことない」か。こういうのって時間が経つほどにどってことないシロモノに見えるのよね。しかし、中身を作ってるときはこんな表紙にするつもりはぜんっぜんなかったから、達成感はいまひとつ…中と外、合ってないよな、やっぱり…しょぼん。

  で、びー玉の目玉はよいとして(?)、口っていると思います?いらないっすか?

どーにも判断がつかないんで、両方並べてみた次第。(こいつはシールなのだけど、まだ固定してません) たぶん、両方作ると『この子、口が取れてる!』と思われること必至なので、どっちか、なんだけどね。ハハに(まずは顔ナシの状態で)見せたら、『水晶みたい。そういう話なの?』ってどーゆー話?神秘の「し」の字もありませんから、これ。
ページミスが2冊も発覚してしまったので、いまのところ8冊。岡山へはもーこれでゆきます。ちょっと気に入らなくもあるので、続けて作る気がしない。岡山で完売、てなことにはならんと思うので、東京近郊のみなさんにはお目に触れる機会もあるでしょう。

午後、国分寺のくるみギャラリーさんからDMが届いた。毎年開催されてる「小さな額縁展」、あたしは2度目の参加です。今回は総勢34名。ざっと見たところ、半分強が去年の参加者と一緒かな。20×20センチ以内の額縁が壁一面をずらりと飾るのだけど(日頃豆本に励んでるあたしにとってこのサイズは全然「小さくない」んだけど)、陶器あり、金工あり、立体あり、なのできっとまた賑やかでしょう。近いうちにここでも告知しますんでよろしくです。
[PR]
Commented by くんこ at 2013-07-24 10:34 x
口があるとかわいらしい雰囲気、目だけだと神秘的っていうか謎な雰囲気…って感じかしら? 内容がわからないけど、そこにマッチしているか???が決め手かしらねぇ。なんか見てたらボーリングの球にも見えて来たー。ごめんよー。
Commented by 雪丸 at 2013-07-24 23:52 x
くんちゃん、こんにちはー。コメントありがとー!
目だけだと神秘的すぎるか…(^^;) 「内容とマッチしてるか」はホントにそのとーりで、そこがねぇ…どーなんだろ(--)

ボーリングの珠…まったくもってその通りですわ。下地の色が映ってるから、ただの色つきガラス珠でも雰囲気がまた違うのよね。(写真でも違うしね) うーむ。どーしよーかなー(^^;)
Commented by びーどろねずみ at 2013-07-25 00:26 x
口がある方に一票!(^^)/□
Commented by 雪丸 at 2013-07-25 01:14 x
びーどろねずみさん、ちはっす!
そーか、口アリ、に1票ですね。参考にさせていただきやす。ありがとです!
by yukimaru156 | 2013-07-24 00:56 | そんな1日 | Comments(4)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156