はろわの日 と2号プレゼント不発 とクラフトコレクション

今日ははろわの日なのだけど、3時までちょっと間があるので「小さい額展」の「仮の本番」。仮の本番とはどーゆーことかとゆーと、「うまくちぎれたらそのまま使う」てこと。失敗してもいいと思うチラシ、とは言っても、チラシでちぎったらどんな効果があるのかも見たいわけで、その選択が難しい。絶対イケる!と自信があればいいんだけど、これまでやったことない領域(?)に手を出そうとしてるわけで、ちぎり始めるまではちょっとどきどき。しながらやってみた。

   失敗した。

ちっ、何でぃ何でぃ、せっかくのチラシが台無しじゃんか!そりゃ「失敗してもいい」チラシだけどさ、それでもキレイに仕上げられたらそのまま額に入れて値段つけてもいいモノを選んだのだから、それなりのモノが完成して欲しかったわ。んーむ。初回からいきなりハードルを上げてしまったかとか、このチラシではちょっとちぎりにくかったかとか、そもそもこれが成功したとしても効果はどんなモンだったんだ?とかとか。
と反省(?)してるうちに時間になってしまったので出かけた。

駅までは降ってなかったのだけど(午前中は結構降ってたねぇ)、渋谷に降りたらまた降りだしてて、傘を開いてびっくり。骨曲がってんじゃん!それも傘の骨ではなくて持ち手(支柱?)の方。うっわ、こっ恥ずかしい~と思いつつ、はろわまでてくてく。ちょっと距離がある上、渋谷ってのはどーして平日真っ昼間でも人いっぱいで真っすぐ歩けないんだろかと内心ぶーたれつつ、無事到着。かつてない迅速なスピードで処理してもらえ(最初の頃から思ってたけど、ここの窓口のねーさんの声と物言いはすっごく気風がよくて男前に聞こえる)、手続きが完了した。ふぅ~。これで数日後には第1回めの失業保険をいただけるわけだ。ありがたし。

それからオトート2号のたんじょびブレを探して、まるいだるみねだと渡り歩いた。どこもSUMMER SALEをやってくれてるのは嬉しいが、50%オフで7500円でもぜんっぜん嬉しくない。もっと安価で、かつもっと高価に見えるツロモノはないのか?と探し回るも、具体的に何とは決まってないのでこれはとゆーものを見つけられなかった。じゃんねん。
次の目的地、BUNKAMURAに着いたのは5時過ぎ。いま、いろんな作家さんが出店してる「サマークラフトコレクション」を開催中なのだ。で、そこに旧知の作家さん、OKサンが出てるので覗いてきた次第。

スペースはすぐにわかって、彼女らしい陶器(いまは笛に凝ってるのだそーで、ワニだのサカナだの得体の知れない生物たちの笛がいっぱいあった。アクセサリーなので首からさげられるし、結構いい音色が出るのでそそられる。ただ、お客さんの入りはいまひとつなよーで(彼女には言わなかったけど、ここはそーなのだ。たまに知り合いが出るので訪ねるけど、よかったとゆー話は聞かないので出店を考えたことがない)、ちょっと可哀想だった。地階にはギャラリー(現在「レオ・レオニ展」の真っ最中。週末はすごい人だったらしい)、隣は劇場というなかなかいい環境でありながら、残念なことにそのお客さんたちは「ここを通り過ぎずに入ることが出来る」。何が開催されてるのか知らない人も多いんではないかと思う。「人の流れ方」って難しいよなー。これまでさんざん身に染みてきたことだけど。
ちょっと喋ってたら知り合いの作家さん2人に出会い、彼女らが昨秋に結婚されたことを知った。びっくりした。そーゆー間柄であることすら知らなかったので。何にせよ、おめでとーございます、UKさん、KZさん。お幸せにー。

帰宅したら、結構足が疲れてて、持たされた携帯を見たら9402歩だった。(携帯ってホントに万歩計の役目しか果たしてないな、あたしの場合) くたびれるわけだ。雨もよく降ったし、それよりこの湿気がね…暑さより湿度の方がきついよなー。
[PR]
by yukimaru156 | 2013-07-30 00:36 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156