額絵完成 と「雨ふる本屋」 と盆休みの予定 と弾丸論破?

朝食後、まずはお買い物。蛍光灯を買わないと仕事にならん!いや、ならなくはないけどさ、あとで目が疲れるからね。昨日は集中してて気づかなかったけど、終わると“あー、目が疲れてんなー”とか思ったもんね。

ともかく朝っぱらから出かけて(ついでに夕飯の分も。たっーぷり入った蟹のほぐし身、1560円が半額の780円!素晴らしいわ!てことで本日の夕飯は蟹丼)、蛍光灯1880円にびびりつつ、財布を確認。けっこーやばかった。600円オーバーしてたら何か減らさなきゃいけないとこだった。

で、めでたく部屋が明るくなったので、早速ちぎちぎ。緑の草原を走る、真っ赤なバス。空は水色、薄黄色、桃色その他でにぎやか。タイトルは

  空が光っているのはぼくらが歌っているからさ

いいっしょー。と自画自賛。「自画」じゃねーな「自言」?(ンな言葉あるのか?自分の絵が「自画」なら自分の言葉は何だとゆーのだろーな。「自言」なんてバクダンみたいじゃん)
ハハに見せたら『藤城清治みたい』と言われた。いきなり大御所だなぁ。でも嬉しい。
ともかく完成して、それからちょっと休憩。姪のHRが貸してくれた本を読まねば、と思って読んだ。お盆休みの後半に来るもみたいだから、それまでに読了しとかないとね。小4の彼女のお気に入りは『雨ふる本屋』。雨に降られて図書館に入った女の子が、かたつむりを追いかけてるうちに見知らぬ場所に入り込んでしまい、そこが「雨ふる本屋」なんだけど、「古本屋」なのだ、中では(店ン中なのに!)雨が降ってる、という…つまり「雨古本屋」。オヤジギャグすれすれっぽくない?
まぁ、話はどってことなくて(ごめんね、HR)、続編も貸してくれたのだけどそれはちょっとオアズケ。(しかし児童書とはいえ、ハードカバー2冊は仙台から帰宅するときえらい重くてまいった…) でも甥や姪から本を借りる、というのはいいな。どんなのが好みなのかわかるだけではなくて、「これが読めるなら〇〇も読めるな」という参考になるし。そーいや甥のYGは『琥珀の望遠鏡』を読了したんだろか。夏休みもほぼ毎日トランペットの練習みたいだけど。

その姪と甥、この盆休みの前半と後半とに別れてやって来るのだそーだ…いまからハハが『夕飯とかどうしよう…1週間大変だわ』とぼやいてた。孫がやって来るのは楽しみである反面、疲れるのも本当で、あたしとしては出来る限り手伝ってあげるくらいしかないのだけど、来週は締め切り3つが同時にやって来る!はぅ~。こーなるんじゃないかなぁー、とわかってたんだけどね。だから「早め早め」をココロがけて作ってたつもりなんだけど、そんでも焦るな。とりあえず2つは終わりが見えてきてるんで、焦らずゆこう。

夜は「レースカード」と呼んでる、ポストカードの制作。こちらはくるみギャラリー用。昨今は(どこへ出してもだけど)額絵は売れないので、カード類で稼いでもらわないといかんのだ。てことでちょっと気合い入れてるんだけど、さてどうかしらねぇ。健闘してもらわないとね。
そーそ、先日、友人が『(アニメの)「ダンガンロンパ」がおもしろいよ』と言ってたので、ちょっと録画しておいて見てみた。変換したら「弾丸論破」と出たので思わず笑ってしまったのだけど、当たらずとも遠からずみたいな話でおかしかった。
白黒のクマ(のぬいぐるみ?)が校長をやってる学園で、
『みなさんは一生この学園から外へ出ることはできません。人を殺さない限り!』
という、物騒とゆーかシュールと呼ぶのか何なのかわかんない勢いのアニメだった…途中からなので話もわかんないんだけど、学級裁判やってて立証に対する反証が矢になって人に突き立つという、まさしく「弾丸論破」。
『それではお仕置きです』って校長の声を、元どらえもんの大山女史がやってんだよー。やっぱインパクトあるわ、この声。
[PR]
by yukimaru156 | 2013-08-05 01:34 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156